福島県二本松市のおすすめ観光スポット5選!自然もお酒も満喫しよう!

画像出典:TAKEZO/PIXTA(ピクスタ)

福島県二本松市のおすすめ観光スポット5選!自然もお酒も満喫しよう!

全国で3番目に広い面積をほこる福島県内には、自然豊かな景勝地や史跡など数多くの観光スポットが点在しています。今回は、その広い福島のなかから「二本松」をご紹介!名前の由来は、古くより松が二本あったことと伝わります。

二本松にある「安達太良山(あだたらやま)」は、登山をしない人にも知られている一度は訪れたい福島の観光地で、もちろんグルメ旅にも最適!山の幸、海の幸、そして福島のお酒。自分用だけでなくお土産としても喜ばれるものがたくさんあります。

雄大な福島の自然、歴史ある二本松の街並み、紅葉の季節には全国的に有名な「二本松の菊人形イベント」を開催。今回はそんな福島二本松市のオススメ観光スポットを5選紹介します。

目次

[x] 閉じる

福島県二本松市のおすすめ観光スポット5選!自然もお酒も満喫しよう!

1.「安達太良山(あだたらやま)」ロープウェイで気軽に絶景が楽しめる!

出典: commons.wikimedia.org

「安達太良山」は、福島県の「磐梯朝日国立公園」内の南端に位置する活火山。詩人・高村光太郎の「智恵子抄」でうたわれていることでも有名な、一度は訪れたい有名な観光地です。高村光太郎の妻・智恵子は、安達太良山の東にある二本松市で生まれ育ちました。「本当の青い空」は、智恵子が小さい頃に眺めていた安達太良山の上に広がる美しい空だと言われています。

安達太良山の観光には、6人乗りの高速ゴンドラ「あだたらロープウェイ」が便利。山頂駅の展望スペースは絶好の眺望スポットです。ロープウェイを利用すると、4時間程度で安達太良山をぐるっと周って観光できますよ。源泉かけ流し温泉の「くろがね小屋」でゆっくりするのもおすすめです。

2.秋の二本松を華やかに彩る日本最大の菊の祭典「二本松の菊人形」

出典: TAKEZO / PIXTA(ピクスタ)

福島県「二本松の菊人形」は、日本最大の菊の祭典。毎年10月から11月末頃に開催され、霞ヶ城の会場全体が、菊の花と色づく紅葉で埋め尽くされる人気の観光イベントです。菊人形の数は約130体、菊株数は約3万株ほど。日本最大規模の菊のイベントで、全国から二本松へ毎年20万人ほどの観光客が訪れています。

昭和の初期から二本松の町に菊人形が飾られるようになり、菊の愛好者が多く二本松に観光に訪れました。1955年からは霞ヶ城公園で「二本松の菊人形」として毎年開催されるようになり、今に続きます。全国の菊愛好家が一度は訪れたい二本松の菊の祭典。ぜひ観光でも訪れていただきたいお祭りです。

3.「二本松城(霞ヶ城)」天守台からの二本松の眺めは絶景!

出典: PROTakeshi KOUNO

「二本松城」は日本100名城にも選ばれている福島県二本松市にある城で、別名は「霞ヶ城」・「白旗城」。また「霞ヶ城公園」は「日本さくら名所100選」に選定され、秋の紅葉の時期も美しい二本松の観光地です。

山上の本丸には天守台、石垣が近年になって再構築されました。この天守台からの福島の眺めは最高で、安達太良山や二本松の街並み、なだらかな山並みの阿武隈山地を楽しめますよ。美しい石垣と再建された「箕輪門」は城愛好家や歴史を愛する人たちだけでなく、構造物ファンの間でも有名な観光スポット。また、お城の入り口には「戒石銘碑」があり、1935年に「旧二本松藩戒石銘碑」として国の史跡に指定されました。入口から本丸までは徒歩で約15分ほど、城の観光は自由で無料です。

お城由来の観光スポットとして、明治時代に二本松城内に再度移築され現存している福島県指定文化財の茶亭「洗心亭」があります。お城の麓に復元された「箕輪門」の近くには、幕末の戊辰戦争でふるさとを守るために戦った「二本松少年隊」の群像もあります。日本の代表的な絶景をぜひ観光していただきたいおすすめスポットです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

二本松でおすすめの記事

二本松のアクセスランキング