竜王町の観光スポット5選 歴史通も大満足のディープなスポットを紹介!

画像出典:C7 / PIXTA(ピクスタ)

竜王町の観光スポット5選 歴史通も大満足のディープなスポットを紹介!

竜王町は滋賀県の中央部にある町。町内にある景勝地をまとめた竜王八景のひとつ、鏡山は万葉の和歌にも詠まれている観光名所です。竜王八景のほか、町内には歴史を感じさせる寺社をはじめ、多くの史跡があります。そんな歴史薫る竜王町から5か所、おすすめの観光スポットを紹介します。

目次

竜王町の観光スポット5選 歴史通も大満足のディープなスポットを紹介!

目次を閉じる

1.鏡神社

出典: ぼけん / PIXTA(ピクスタ)

鏡神社に祭神として祀られているのは、第11代垂仁天皇の時代に帰化した新羅の国の王子「天日槍(あめのひぼこ)」です。王子の家来であった者がここで業を起こす際に祖神として祀ったのが始まりと言われています。

こうした歴史がある鏡神社ですが、観光ポイントとしてより有名なのは源義経が元服するときに参拝した神社であるということ。神社の参道には、義経が烏帽子を掛けたと言われる「鳥帽子掛けの松」が今もあります。

2.苗村神社

苗村神社は竜王町にある有名な観光地で、社内にある西本殿は国宝に指定されています。この西本殿は鎌倉時代に建立されたもので、国狭槌命(くにのさづちのみこと)を祀っています。そのほか、神仏習合の佇まいを残す茅葺きの楼門には、門と同様に重要文化財である「木造不動明王像」が祀られています。

毎年4月20日には苗村祭、5月5日には端午の節句にちなんだ流鏑馬神事が行われるので、観光で訪れるならこうしたイベントに合わせるとより楽しめます。また、この神社では33年に1度式年大祭が行われており、当日には大勢の観光客が押し寄せます。なお次の開催は2046年なので、ぜひ観たいという方は首を長くし待ちましょう。

3.龍王寺

龍王寺が建立されたのは奈良時代。元明天皇の勅令を受けた行基によって造られました。当時は「雪野寺」という名前だったそうです。

観光の目玉は、小野時兼という人物が寄進したと言われる釣り鐘。火事の際に水を吹きだしたり、心がけの悪いものが突くと鳴らなかったり、雨乞いで祈ると雨を降らせたりと、摩訶不思議な逸話が残る梵鐘です。そんなエピソードもあってか、一条天皇から「龍寿鐘殿」の直筆の額を給わっており、その時「雪野寺」から「龍王寺」と名が改められました。現在その梵鐘は龍頭が白い布で覆われており、雨乞いの時のみ外すそうです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

竜王でおすすめの記事

竜王のアクセスランキング