ここは一体どこ?京都なのに「京都じゃない!?」丹波亀岡魅惑の24選

画像出典:けんじ / PIXTA(ピクスタ)

ここは一体どこ?京都なのに「京都じゃない!?」丹波亀岡魅惑の24選

GoToキャンペーンバナー

目次

ここは一体どこ?京都なのに「京都じゃない!?」丹波亀岡魅惑の24選

目次を閉じる

3.紅葉の穴場的名所。1200年の歴史を誇る神蔵寺の紅葉

出典: はっちー。 / PIXTA(ピクスタ)

延暦元年(782年)に最澄が開いたとされる、山深い古寺「神蔵寺」。本尊は伝教大師最澄御自作と伝えられる薬師如来です。古い歴史があるだけに国宝が多く、「日光菩薩」「月光菩薩」など、他では見ることのできない重要な仏像や図絵を拝むことができます。

朝日山に抱かれる神蔵寺は丹波・亀岡随一の紅葉の名所としても知られ、ピーク時には毎年ライトアップも行われています。樹齢400年のカエデをはじめ、さまざまな紅葉樹が静寂のなかで色づく景色は、こっそりと堪能しに行きたい穴場的紅葉スポットです。

4.亀岡の氏神さま。神々しい紅葉が拝めるご利益スポット「鍬山神社」

出典: Bassey

亀岡の紅葉見頃は京都市内よりも少し早めです。11月上旬から紅葉シーズンに入り、山々は色化粧をし始めます。自然豊かな亀岡には、紅葉の名所が多くあります。

なかでも氏神様として栄える鍬山神社は、知る人ぞ知る穴場の紅葉スポット!静寂な神の住まいがモミジで装飾された世界は、まさに異境。別世界に迷いこんだような不思議な感覚になります。紅葉の最も美しいシーズンになると、単調ではない紅葉樹の豊かな色彩が観光客を出迎えます。境内には池もあり、その周辺の紅葉もまた格別です。地元でも支持されるベストオブ紅葉スポットといえます。

境内にある「安産石」は、天岡山を掘ってトンネルが開通したときに採取された珍しい石。山に新しい通り道ができたときの、ありがたい石なので触って帰りましょう。お祈りすると安産になるそうです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

亀岡でおすすめの記事

亀岡のアクセスランキング