【2022年最新】日本三景の観光情報をご紹介!

【2022年最新】日本三景の観光情報をご紹介!

目次

【2022年最新】日本三景の観光情報をご紹介!

日本三景とは?

日本三景とは、「松島」・「天橋立」・「宮島」の3か所それぞれのことを指します。いずれも国内有数の景勝地として知られ、訪れた方がつい見惚れるような場所であることは間違いありません。しかしそれぞれ、古くは江戸時代初期から「日本三景」という別称で呼ばれていました。

何世紀も前から「国内でも格別な景勝地」というイメージが付けられていた日本三景。関東を中心として全国的に街道が整備され旅が盛んだった江戸時代ですが、名所として広く知られたことで現代にまで一度は訪れるべき日本国内有数の名所として名が残っています。

名の由来はどこから?

儒学者である「林春斎」氏が三景を名所として括り、その後同じく儒学者である「貝原益軒」氏が天橋立を「三景」という言葉で表現していました。江戸時代から庶民の間で「日本三景」という名で親しまれていたと思われます。

ただしそれぞれのスポットは日本三景として呼ばれる以前からも、景勝地として知られていたり歴史的事件の舞台となっていたりと物語も豊富なスポットでした。以下では、日本三景それぞれの詳細観光情報をバックストーリーも含めて解説していきます。

天橋立

天橋立

天橋立は京都府の北部、宮津市に位置する3.6kmほどの大きな湾口砂州です。天橋立の外海は宮津湾があり、砂州の内側は阿蘇海という内海となっています。古くは百人一首にもその名が見え、中世初期から景勝地として知られていたことがわかります。

白い砂浜と後述する多くの松並木が白と緑の景観を彩り、自然の絶景を作り出しています。その美しさは多くの歌人や画家の作品内にも登場し、与謝野晶子夫妻の詩にも詠まれました。

現在では日本遺産にも指定されており、観光名所が多い京都府内でも年間200万人近くが訪れる定番の名所となっています。

8千本の松

天橋立をより幻想的な景観に彩るのは、砂州内に茂る8千本の松です。天橋立最大の魅力として、砂浜の白と松並木の緑という異なる自然の色が美しく混ざり合いまるで天に上る橋のように見えます。天橋立という名の通りの絶景はこの松並木から生まれていると言って良いでしょう。

周辺散策はレンタサイクルで

天橋立は「丹後天橋立大江山国定公園」として整備されており、観光地・景勝地として古い歴史がある分、周辺は神社など古くからその姿を残すスポットが満載です。これら公園内を巡る際にはレンタサイクルがおすすめ。美しい松並木に抱かれながら気持ちよく散策可能です。

中でも、天橋立の中心部にひっそりと佇む「天橋立神社」は必ず訪れるべきスポットです。大きな神社ではないものの、厳かで静かに天橋立を守っています。またレンタサイクル利用時には、「元伊勢籠神社」や「眞名井神社(籠神社奥宮)」も訪れましょう。こちらは2000年~3000年の歴史があるとも言われており、数ある神社の中でもより神聖な場所となっています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の松島(宮城)行き格安航空券

松島(宮城)でおすすめの記事

松島(宮城)のアクセスランキング