【2022年大河ドラマ】鎌倉殿の13人舞台巡り!~鎌倉に遺る足跡~

画像出典:TGM / PIXTA(ピクスタ)

【2022年大河ドラマ】鎌倉殿の13人舞台巡り!~鎌倉に遺る足跡~

2022年の大河ドラマである「鎌倉殿の13人」は、主人公「北条義時」の視点からこの鎌倉を舞台に巻き起こる激動の鎌倉時代を脚本家・三谷幸喜氏が描く注目のドラマ。時代劇はなかなか取り上げられませんが、陰謀、反乱、権力争い……騙し合いに謀り合いの絶えない時代です。その頃の遺構は複数が鎌倉に残されています。

鎌倉は関東でも有数の観光地で、およそ800年前は関東どころか日本の中心地として栄えた都市でした。現在は多くの仏閣や景勝地が残る観光名所エリアとしての側面が強く、政治の中心地であった事実は薄れつつあります。
 
本記事では、大河ドラマ「鎌倉の13人」のあらすじ、登場人物に所縁のあるスポットや、舞台になると思われるスポットを先んじてご紹介。これを知っておくと大河ドラマが100倍面白くなるかも?ぜひチェックしてみてください!

鎌倉観光はレンタカーが便利。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」巡りの際、レンタカーをご利用の場合はこちらもチェックしてみてください。
 
※本記事の内容は2020年8月現在の最新情報です。

目次

【2022年大河ドラマ】鎌倉殿の13人舞台巡り!~鎌倉に遺る足跡~

目次を閉じる

鎌倉殿の13人のあらすじ

前述の通り、鎌倉殿の13人は鎌倉時代を舞台としたドラマです。この時代はそれまで天皇や朝廷、または藤原家などが政治を行っていた時代で、中心地は当時の平安京(現・京都)にありました。しかし内乱が続き、それまでの権力者に代わって戦闘業を専門とした「武士」と呼ばれる人たちが権力を握るようになります。
 
その「武士」もまた権力争いで紆余曲折あり、勝利した「源頼朝」が政治の実権を掌握。武士政治としての拠点を鎌倉に築いたことで、鎌倉時代がスタートします。ただし家来たちの「隙あらば」発生する権力争いは収まることなく、味方にも関わらずあの手この手でライバルを蹴落とす時代が訪れました。ドラマの舞台は、頼朝の勝利からこの権力争いまでがクライマックスとして描かれるのではないかと思われます。
 
鎌倉が政治の中心地だったように、発生した権力争いの舞台もまた鎌倉や鎌倉近辺で発生。そしてその事件の舞台は、現在も鎌倉市内に残されています。どんな遺構があるのか、次の見出しから覗いてみましょう。

【鎌倉殿スポット.1】鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

出典: Yoshitaka / PIXTA(ピクスタ)

鎌倉と言えばココ!神奈川県内でも有数の巨大神社である「鶴岡八幡宮」です。今も昔も鎌倉のランドマーク的なスポットであり、三大八幡宮に数えられる由緒正しき神社。鎌倉に訪れたら必ず訪れるべきスポットと言えるでしょう。
祭神は応仁天皇・比売神・神功皇后の三柱。鎌倉武士の守護神として、源頼朝やその先祖からも深く信仰されていました。
 
鶴岡八幡宮の特徴として遠くからでも賑やかな雰囲気を感じることができ、大石段を登りきると本殿に到着。振り向けば絶景を望むことができます。度々増築・改築がなされているため古来からある建造物は少なくなっていますが、撮影スポットも多く古風な景勝地としての面もあり。境内を隅々まで回ってみると多くの発見があるでしょう。
 
石段の脇にはかつて巨大な銀杏の木が立っており、2010年に倒壊したものの伝説が残っている地です。頼朝の息子であり、鎌倉幕府3代将軍として後を継いだ源実朝。1219年にこの実朝は、鶴岡八幡宮で自身の甥に討たれてしまいます。そして、この刺客が隠れていたのが大銀杏だったという説が有力です。時の将軍が権力争いの果てに暗殺されるという、未曽有の大事件の舞台でもありました。あくまで巷説ではありますが、鎌倉殿の13人でも再現されるかもしれません。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の鎌倉行き格安航空券

鎌倉でおすすめの記事

鎌倉のアクセスランキング