西郷隆盛と桜島はむろん!さらに鹿児島市を楽しむ観光スポット11選

画像出典:saigodon3

西郷隆盛と桜島はむろん!さらに鹿児島市を楽しむ観光スポット11選

目次

[x] 閉じる

西郷隆盛と桜島はむろん!さらに鹿児島市を楽しむ観光スポット11選

4.西郷南洲顕彰館(さいごうなんしゅうけんしょうかん)

西郷隆盛はまたの名を南洲ともいいました。その没後100年を記念して、全国の西郷ファンからの寄付金で建てられた「西郷南洲顕彰館(さいごうなんしゅうけんしょうかん)」。西郷さんが鹿児島県民だけでなく、日本人に愛され続けている人物であることを再確認してしまいます。

「西郷南洲顕彰館」は西郷の生い立ち、考え方や業績など詳しく知ることができる資料館で、実際に使用していた遺品や「敬天愛人」の書、さらに西南戦争の系譜まで展示され見応え十分!

またここは西郷隆盛が祀られる「南洲神社」と隣接しています。合わせて観光すれば西郷どんのことにグンと詳しくなれますよ。これは鹿児島市観光に深みが加わりますね。

5.いおワールド かごしま水族館

出典: 宿六 / PIXTA(ピクスタ)

巨大水槽をジンベエザメがゆうゆうと泳ぐ姿は迫力満点!イルカのショーも大人気。「いおワールドかごしま水族館」は九州を代表する水族館のひとつです。鹿児島湾と桜島を背景に建つロケーションもまた最高で、おすすめの鹿児島市の観光スポット。

館内から外へ「イルカの水路」が続いているのも、いおワールドかごしま水族館の特徴です。イルカはここを自由に泳いでいるので、外からもかわいい姿が見れるのがうれしい。埠頭を散歩していたら、イルカがジャンプ!なんてこともあるんですよ。

鹿児島中央駅からバスで15分程度とアクセスも良好です。青空と雄大な桜島を背景にしたイルカの姿を鹿児島市観光の思いでに添えましょうね。

6.仙巌園(せんがんえん)

出典: peruri / PIXTA(ピクスタ)

鎌倉時代から江戸時代まで続いた名家であり薩摩藩主であった島津家、その2代藩主・島津光久が作った庭園が「仙巌園(せんがんえん)」。桜島と錦江湾を借景にするという発想に、島津の殿様のスケールを垣間見るようです。実際にこの壮大さは、当時、ここを訪れた国内外の来賓をも驚かせていたようですよ。

また、15000坪という広大な敷地内には、鹿児島の温暖な気候が育てる珍しい植物や、季節ごとに美しい花々が見られます。さらに園内にある「反射炉跡」は日本の近代化をおし進めた重要な資産として、世界遺産にも登録されています。仙巌園は自然と歴史が同時に堪能できる、鹿児島市の絶好の観光スポットです。

広大な園内を散策したらお腹が空いてくるのも当然ですが、大丈夫!地元の素材をふんだんに生かした薩摩料理からラーメンまで、グルメスポットもあります。島津家代々のお殿様も、そして篤姫もお気に入りだった仙巌園からの絶景を眺めながらの優雅なランチも、鹿児島市の観光の思い出に添えておきましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

鹿児島市でおすすめの記事

鹿児島市のアクセスランキング