【北海道】YOSAKOIソーラン祭りとは?6月に踊りを200万人が参加・鑑賞するお祭り!

画像出典:onyu / PIXTA(ピクスタ)

【北海道】YOSAKOIソーラン祭りとは?6月に踊りを200万人が参加・鑑賞するお祭り!

YOSAKOIソーラン祭りは、1992年に第1回大会が開かれたお祭り。YOSAKOIソーラン祭りの参加条件は2つのみ。手に鳴子を持ってソーラン節のフレーズを入れれば何を踊っても自由です。今では2万7000人の踊り子と、200万人の観客を集客する一大イベントに。

そして、都道府県の枠や国境を越えて愛されています。最大で150人のチームがステージやパレード形式で踊るさまは圧巻。
YOSAKOIソーラン祭りは、梅雨がない札幌の6月を楽しめるイベントになっていますよ。YOSAKOIソーラン祭りは、2020年度は新型コロナウイルスのために中止でしたが、2021年度は6月5日から9日まで開催。札幌の街が音楽と踊り一色に包まれます。

目次

【北海道】YOSAKOIソーラン祭りとは?6月に踊りを200万人が参加・鑑賞するお祭り!

目次を閉じる

YOSAKOIソーラン祭りの見どころ

YOSAKOIソーラン祭りは、高知県の江戸時代に起源をもつ歴史ある踊り「よさこい」と北海道の「ソーラン節」を合わせ、1992年に誕生したお祭り。ジュニアからシニアまで老若男女問わず参加します。また、各ブロックごとに審査があり、その中からセミファイナル審査・ファイナル審査を勝ち上がったチームが、YOSAKOIソーラン大賞を受賞します。
そして、大通公園などには特設ステージが設けられ、有料の桟敷席も設けられます。また、当日参加できる「ワオドリスクエア」もあり、大通公園西7丁目に行けば誰でもYOSAKOIソーラン祭りを踊って楽しむことが可能です。279チーム(2019年時点)が色とりどりの衣装を着てYOSAKOIソーラン踊りを披露するさまには圧倒されます。

第28回YOSAKOIソーラン祭りの様子

公式プロモーションビデオをご覧いただきました。一糸乱れぬパフォーマンスに注目が集まります。チームごとに個性が如実に表れていていいですよね。なお、これらを含めた数々のパフォーマンスを収めたDVDも販売しています。

2019年は「夢想漣(ゆめそうらん)えさし」が2018年に続き2連勝しました。圧巻のパフォーマンスは息をのむ美しさ。出場回数23回のベテランです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の札幌行き格安航空券

札幌でおすすめの記事

札幌のアクセスランキング