麒麟がくるゆかりの地を巡る旅!【2020年大河ドラマの聖地へ】

画像出典:masato_photo

麒麟がくるゆかりの地を巡る旅!【2020年大河ドラマの聖地へ】

GoToキャンペーンバナー

「麒麟がくる」は2020年度の大河ドラマです。主人公は明智光秀と、主君であり時代の覇者となった織田信長を討った人物として有名です。数多くの作品で主役となる織田信長を倒したことで、これまで逆臣として描かれていたイメージのある武将ですが、麒麟がくるでは「光秀が一体どんな人生を送ってきたのか」を追体験できるドラマとなっています。

この記事では麒麟がくるゆかりの地や、ファンなら訪れたい聖地をエリア別にご紹介。物語の中核となった人物ゆかりの地や、ファンとして必ず押さえたい光秀の聖地などもまとめています。ぜひ旅の参考にしてみてください。

目次

麒麟がくるゆかりの地を巡る旅!【2020年大河ドラマの聖地へ】

目次を閉じる

麒麟がくるゆかりの地はどこ?

麒麟がくるゆかりの地はすべてを網羅しようとするとかなり広域です。前述の通り主人公である明智光秀の人生を追体験することになりますが、光秀自身は人生の半分が流浪の日々でした。従ってゆかりの地を観光する際は、光秀がメインに活躍した場所をある程度絞るのが良いでしょう。

光秀が活躍した場所は京都府・滋賀県・岐阜県(生育の地)の3点に絞られます。京都・滋賀は主に室町将軍・織田信長に臣従した時からクライマックスまで、物語上で最も熱い時期のスポットが満載です。岐阜県は生まれ育った地で、ファンでもなかなか知らなった青年期光秀の聖地を巡れます。それぞれ異なる魅力がありますね。1日ですべてを網羅するのは困難なので、特に行きたいエリアを絞り観光計画を練ってみましょう!

麒麟がくるゆかりの地巡り~京都編~

麒麟が来るゆかりの地、明智光秀といえば「本能寺の変」を思い浮かべる方も多いでしょう。京都府はこの本能寺を始め、光秀最期の地や首塚、信長家臣として獅子奮迅していた頃の遺構が多く残されています。

なお京都周辺エリアの一部遺構では間隔が長めで、車での移動が必須となる場所もあり。大部分が公共機関で繋がっているためアクセス自体は容易ですが、電車移動を避ける場合は移動手段の一つとしてレンタカーを利用してみるのもいいでしょう。

格安レンタカーはこちらで検索

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

亀岡でおすすめの記事

亀岡のアクセスランキング