【ラピュタの世界!】和歌山県友ヶ島とは?

画像出典:shiii / PIXTA(ピクスタ)

【ラピュタの世界!】和歌山県友ヶ島とは?

和歌山県の紀淡海峡に浮かぶ「友ヶ島」はジブリ映画『天空の城ラピュタ』に出てくるような光景が人気の無人島。友ヶ島は、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の総称で、旧日本軍の要塞施設として利用されていました。現在は観光地として整備され、上陸・見学ができます。島内にはキャンプ場もあり、子供連れでも楽しめます。宿泊も可能です。(冬季は閉鎖)

今回はそんな神秘の島「友ヶ島」をご案内します。

関西行きの格安航空券はこちら ▼新幹線とホテルをセットでお得に予約する
大阪行きの格安高速バスを探す

目次

【ラピュタの世界!】和歌山県友ヶ島とは?

目次を閉じる

友ヶ島へのアクセス・服装

出典: まきたまる / PIXTA(ピクスタ)

友ヶ島へは、和歌山市の加太港から友ヶ島汽船で向かいます。南海加太線加太駅から港まで歩いて15分ほど。
フェリーの定員は約100名で、混雑時には整理券を配り、並ぶ可能性もあるため、早めの行動がいいでしょう。所要時間は約20分です。港では島内の地図も配布しています。

現在、換気のを徹底など、コロナウイルスの感染予防対策も徹底しています。雨など荒天時には欠航する場合もあるので注意が必要です。
友ヶ島は整備されていない獣道が多いため、動きやすい、汚れてもいい服装で行くのがおすすめ。さらに虫よけもあると便利ですよ。

友ヶ島の見どころ①第3砲台跡

出典: shiii / PIXTA(ピクスタ)

雰囲気が一番『ラピュタ』と近いといわれている第3砲台跡。友ヶ島の要塞の中でも最も主力となって使われていた場所で、砲座・弾薬庫・電灯所・看守衛舎がありました。戦後、時が止まったまま誰もいなくなったこの場所は豊かな緑が生い茂り、まさに人々に忘れ去られた天空の城・ラピュタそのもののようです。日陰は昼間でも暗く、足元も悪いため、懐中電灯が必須です。

出典: sunrise / PIXTA(ピクスタ)

出典: shiii / PIXTA(ピクスタ)

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の和歌山市行き格安航空券

和歌山市でおすすめの記事

和歌山市のアクセスランキング