2025年大阪万博ロゴマークが決定!コロシテくん?

画像出典:「2025年大阪・関西万博のロゴマークが決定しました!」(経済産業省)(https://www.meti.go.jp/press/2020/08/20200825006/20200825006.html)を加工して作成

2025年大阪万博ロゴマークが決定!コロシテくん?

GoToキャンペーンバナー

2025年に開催予定の大阪・関西万博(日本国際博覧会)。その公式ロゴマークが決定しました!
デザインしたのはアートディレクターのシマダタモツ氏率いるTEAM INARIで、「いのちの輝き」をテーマに赤い細胞をつなげたデザインになっています。
シマダ氏は大阪出身で、幼いころ、70年大阪万博でみた岡本太郎氏による「太陽の塔」に強い印象を受け、今回のデザインにインスピレーションを得たそう。

目次

2025年大阪万博ロゴマークが決定!コロシテくん?

奇抜なデザインにTwiterが騒然。ファンアートが次々と生まれる

発表されるとTwitterが騒然。「いのちの輝き」や形が似ていることから「ポンデリング」がトレンド入りする事態に。
面白い、ユニークでかわいいなど、好評のようです。
色から血を連想するのか「いのちの輝き」とは真逆の「コロシテくん」というニックネームがついてしまいました。

▲見た目が似ている?ムックもコロシテくんに反応。

万博記念公園で太陽の塔を見よう!

コロシテくんこと今回のロゴのインスピレーションの源となった太陽の塔。
現在でも大阪府吹田市の万博記念公園でその雄姿を見ることができます。

長らく塔の内部は非公開でしたが、2018年からは前日までの事前予約で見学が可能に。中でも太陽の塔の血流を表現した「生命の樹」ゾーンは必見。真っ赤な空間にアメーバから人間までの生物の進化過程を表現しています。確かに、コロシテくんに通ずる何かを感じます。

▼大阪旅は飛行機でお得に、レンタカーでゆったり楽しめます♩
関西行きの格安航空券はこちら
大阪のレンタカーを探す

▼内部見学の予約はこちらから
太陽の塔オフィシャルサイト

アートな感性を持つあなたにおすすめなホテル

川崎市岡本太郎美術館もおすすめ!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

万博公園でおすすめの記事

万博公園のアクセスランキング