【12/17日更新】旅行費用が最大半額支援!気になる「Go To キャンペーン」の利用方法とは

【12/17日更新】旅行費用が最大半額支援!気になる「Go To キャンペーン」の利用方法とは

GoToキャンペーンバナー

はじめにこのたびの新型コロナウイルス感染症に羅漢された皆様、および関係者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
そして医療従事者をはじめ最前線でご尽力されている皆様に、心より感謝を申しあげます。

新型コロナウイルスに伴い緊急事態宣言が発令されていましたが、2020年5月25日に全国で解除されました。これを受けて日本人国内旅行の感染症終息後の地域経済活性化策「Go To キャンペーン」が7月下旬にも開始される方向で示されました。このキャンペーンで具体的にどういった旅行費用がお得になるのかをご紹介したいと思います。

目次

【12/17日更新】旅行費用が最大半額支援!気になる「Go To キャンペーン」の利用方法とは

目次を閉じる

Go to キャンペーンは2020年7月22日(水)から開始!でも東京は除外?

Go to キャンペーンは2020年7月22日(水)から開始!

出典: 観光庁 - 国土交通省

skyticketのGo Toトラベルキャンペーン

【12月17日時点の情報】
赤羽国土交通大臣は12月14日(月)、東京都・大阪市・名古屋市・札幌市の4都市は12月27日(日)までに開始する旅行、全国では、2020年12月28日(月)から2021年1月11日(月)までの間、全国の旅行の新規予約・既存予約を問わず「Go To トラベル」を一時停止すると発表しました。

さらに12月16日(水)に広島市が追加され、4都市と同じく12月27日(日)までに開始する旅行の「Go To トラベル」を一時停止となりました。
Go To トラベル「全国一時停止」が決定

【10月14日時点の情報】
東京都が補助する支援策、東京都民割(仮名称)が10月23日以降に都内観光促進事業「もっと楽しもう!TokyoTokyo」に登録している弊社スカイチケットなど旅行業者等で予約した、10月24日からの感染防止対策を徹底している東京都内の旅行に対して、1泊5,000円を支援すると発表されました。

Gotoトラベルキャンペーンと併用したシュミレーションなど詳細はこちら
東京都民割で5,000円割引き!GoToと併用できる?何回使える?

【9月30日時点の情報】
Go To トラベルキャンペーンで使用できる地域共通クーポンの取扱店舗の検索マップが、GoToキャンペーンオフィシャルページに公開されました。
取扱店舗検索マップ|旅行者向け Go To トラベル事業公式サイト

【9月15日時点の情報】
9月15日に赤羽一嘉国土交通相より、政府の観光支援のGo To トラベルキャンペーンが除外となっていた東京都への旅行と、東京居住者の旅行を10月1日から追加する予定であると方針を表明しました。
東京居住者の旅行および東京への旅行がGo Toトラベル対象に10月01日から開始

【9月11日時点の情報】
赤羽国土交通相は9月11日に、政府の観光支援のGo To トラベルキャンペーンが除外となっていた東京都を10月1日から追加する方針を表明しました。
最終決定は分科会の後とのことですが、菅官房長官と西村経済再生担当大臣含めた閣議で決定した模様。

東京都民も対象に!?10月1日からGo To トラベル補助対象に東京追加

【9月10日時点の情報】
Go To トラベルキャンペーンで除外されている東京都に関して、10月1日からキャンペーンの補助の対象とするかの検討に入ったと9月09日に政府が発表しました。
東京の新型コロナウイルスの新規感染者数が減少傾向であることから、専門家の意見を踏まえて判断するようです。

【7月21日時点の情報】
赤羽国土交通大臣は7月21日(火)、「GoToトラベル」に関して予約した旅行のキャンセル料を補償する方針を表明しました。

【7月17日時点の情報】
赤羽国土交通大臣より7月17日に、「若者と高齢者の団体旅行は除外」と表明。修学旅行は割引の対象となりますが、新たに宿泊事業者と旅行者に対しての感染拡大防止策も示しました。

【7月16日時点の情報】
赤羽国土交通大臣が7月16日の夕方に総理大臣官邸で安倍総理大臣らと会談したあと、Go ToキャンペーンのGo Toトラベルについて西村経済再生担当大臣ともに記者団の取材に応じました。

この中で赤羽大臣は以下の内容を述べました。
”「現下の感染状況に鑑み、東京都の発着、具体的には東京都を目的としている旅行、東京都に居住する方が外に出る旅行を対象から外し、宿泊旅行業界と旅行者双方に具体的な感染拡大の防止策を求めたうえで、今月22日から事業を実施することを本日の分科会で説明させていただく」”
引用元:NHKニュース

東京都をはじめ新型コロナウイルスの感染の拡大が続いており、このGo To キャンペーンをこのタイミングで開催することに対して、疑問視する懸念の声も。

SNSでは「♯GoToキャンペーンを中止してください」がTwitterでトレンドに入るなど、Go Toキャンペーンに対して波紋が広がっています。

しかし、反対や懸念の声がある一方では「コロナ死」ではなく「経済死」する方のほうが多いという声もあることから、観光業をはじめ経済活動の再開を望む声もあがっています。

Go to キャンペーンのスタートは7月22日(水)から開始となりますが、すでにこの7月22日以降に旅行の予約をされている方々もこのGo to キャンペーンの対象となるので、申請方法を調べておくようにしましょう。

Go To Travel事業の申請方法や事務局の立上げ、地域共通クーポンについてなどまだ明らかになっていない情報はわかり次第にこちらの記事を更新いたします。

旅行費用がお得になる「Go To キャンペーン」とは?

山形県の銀山温泉

Go To キャンペーンとは旅行先での宿泊費や買い物、イベント、飲食費用などに使えるクーポンを組み合わせて、地域の再活性化を目指すのがこのGo To キャンペーン事業です。(※Go To キャンペーンは仮称)

2020年度一次補正予算で、このGo To キャンペーンに総予算 約1.7兆円が計上されており、観光業をはじめ運輸業、飲食業、イベント・エンターテインメント業などを対象に需要喚起を目指したキャンペーン施策が実施される予定となっています。

skyticketのGo Toトラベルキャンペーン

Go to キャンペーンの条件は?

現在に分かっている情報とまとめると、Go to キャンペーンの条件は以下のようになります。

【対象方面】
日本全国

【対象商品】
募集型企画旅行、受注型企画旅行、手配旅行

【対象日程】
日帰り~
(連泊制限や利用回数の制限無し)

【補助金】
旅行代金の1/2相当額を支援
(※ただし補助金の7割を旅行代金、3割を現地で利用できる地域共通クーポン券に充当)

【上限額】
1泊あたり2万円が上限|日帰りは1万円が上限
(※連泊や回数の制限は無し)

≪Go To キャンペーンのポイント!≫
1.旅行会社を経由した予約がマスト(※個人が手配した交通は対象外)
2.日帰りや宿泊でも対象
3.補助金は旅費以外に飲食などのクーポンも含まれる
4.期間内なら1人あたりの回数制限はない
5.個人・団体の旅行といった制限はない
6.海外旅行には適用されない

ここで気を付けなければならないのが、宿泊する場合に受けられる補助金が旅行代金の1/2となっていますが、割引とクーポンで1セットとなっているのため、必ずしも旅行代金が半額になるわけではありません。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

航空券でおすすめの記事

航空券のアクセスランキング