【京都】金運が上がるパワースポット5選をご紹介|どこも強力なパワースポット?

【京都】金運が上がるパワースポット5選をご紹介|どこも強力なパワースポット?

京都の金運が得られる神社・パワースポットをご紹介します!

京都は金運が得られるパワースポットの宝庫!一日ぐるりと観光するだけで、金運をアップさせることができるかもしれません。京都はもともと歴史あるパワースポットの宝庫ではありますが、金運だけに絞った場合どんな神社があるのでしょうか?

本記事では京都で金運アップを狙うパワースポット5カ所を、それぞれ金運にまつわるエピソードと共に解説します。もしかしたらベストな金運パワースポットが見つかるかも?ぜひ覗いてみてください。

目次

【京都】金運が上がるパワースポット5選をご紹介|どこも強力なパワースポット?

目次を閉じる

御金神社

御金神社

最小に紹介する京都の金運パワースポット、「御金神社」は京都の中心地、二条城と烏丸御池の間に位置する神社です。

「おかね」ではなく「みかね」と読む御金神社。神社の名から既に金運のご利益がありそうな神社ですが、御金とは通貨としての「お金」ではなく、金属のこと。ただし入り口から金の鳥居が待ち受けていたりと、イメージに違わず金に縁がある神社です。

創建は明治16年(1883年)。神代から続くような神社と比べると新しい神社ではあります。元々は神社ではなく、それより以前から「金山彦神」を祀る個人の邸内社でした。「金山彦神」は金・金属にまつわる神様として全国にある金山神社でも祀られており、多くの神々の中でも特に金にゆかりの深い神様です。

そうした都合から個人社にも関わらず参拝客が後を絶たず、現在の場所に社殿が建てられたとのことです。

過去も現在も大人気の参拝ポイント?

創建された明治時代から人気を博していた御金神社ですが、現代でも競馬などでの投資勝利、証券取引などの資産運用成功を祈願する参拝客が後を絶たず、金運のパワースポットとして変わらず鎮座しています。

車折神社

車折神社

車折神社は京都の西側、嵐山の麓である天龍寺方面に位置する神社です。この神社には平安末期の儒学者、「清原頼業」が祀られた神社です。清原頼業は源平合戦の時代、まもなく平安の世が終わる頃に活躍しました。鎌倉時代に後嵯峨天皇が嵐山に訪れた際、石の前で牛車が倒れ車の轅(ながえ)が折れる事件が起きました。この不思議な石を調べてみるとそこには清原頼業の祠が出てきたそうで、これがきっかけで「車折大明神」という称号を得た人物です。

こうした逸話もあって力のある神社でありますが、金運のパワーを得られるだけでなく学業成就や恋愛成就のご利益があるとされています。

約束を違えないこと

金運に限らずさまざまなご利益ががある車折神社ですが、正しくご利益を得るには「約束を違えないこと」が条件となっているようです。金銭面では貸し借り、商売の約束、家庭内での約束……嘘偽りの類を避け、一度言ったことは守る精神を忘れずに過ごすことでよりよい金運パワーを得られることができるかもしれません。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の京都市行き格安航空券

京都市でおすすめの記事

京都市のアクセスランキング