クラフトハードサイダーと石窯料理の店!BRAUERTAFEL(ブラウアターフェル)がWATERS takeshibaにオープン

クラフトハードサイダーと石窯料理の店!BRAUERTAFEL(ブラウアターフェル)がWATERS takeshibaにオープン

日本に数台という特殊な石窯で高温短時間調理する肉料理や野菜、そして種類豊富なクラフトハードサイダーやクラフトビールが楽しめる「BRAUERTAFEL(ブラウアターフェル)」。2020年4月13日(月)に開業する、港区海岸の複合施設「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」内にオープンします。

※こちらの情報は2020年3月26日時点のものとなります。コロナウイルスによる影響で変更となる可能性があるため、詳しいお知らせは運営サイトをご確認のほどお願い致します。

目次

クラフトハードサイダーと石窯料理の店!BRAUERTAFEL(ブラウアターフェル)がWATERS takeshibaにオープン

目次を閉じる

最新の石窯調理技術を導入

日本にまだ数えるほどしかない最新の石窯には、高温に強い南フランス・ラルナージュ産の白土でつくられた特別なレンガを使用しています。普通のオーブンの2倍以上の高温(450度以上)にも耐えることができる仕様なので、短時間で素材の旨味や水分をギュッと閉じ込めた調理が可能になりました。この最新技術によって分厚いステーキやシーフードに野菜など、今までにない絶妙な焼き加減と食感になっていますよ。

旨味たっぷり肉料理

ミート「釜グリル」プラッター

ブラックアンガスと和牛の希少配合牛・ラム・米澤豚フィレ・鶏胸という厳選肉を丁寧に焼き上げました。総量約650gという大迫力の盛り合わせです。

¥8,800(税抜)

みずみずしさを閉じ込めた野菜料理

カラフルグリル野菜のバリエ

オリジナルの塩麹バーニャカウダとともに、野菜のうまみを堪能できますよ。

¥1,800(税抜)

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

東京でおすすめの記事

東京のアクセスランキング