【入国制限】新型コロナウイルスによる影響で3月3日以前発行のビザを無効に。入国には再申請が必要

【入国制限】新型コロナウイルスによる影響で3月3日以前発行のビザを無効に。入国には再申請が必要

2020年3月3日、インド政府は新型コロナウイルスの拡大を受けて、日本からの入国を制限すると発表しました。2020年3月3日以前に取得したレギュラー(ステッカー)、ビザまたはeビザ(日本および韓国へのVoAを含む)も無効になりますのでご注意ください。
※こちらの情報は2020年3月6日時点のものとなります。コロナウイルスによる影響で変更となる可能性があるため、詳しいお知らせは運営サイトをご確認のほどお願い致します。

目次

【入国制限】新型コロナウイルスによる影響で3月3日以前発行のビザを無効に。入国には再申請が必要

■2020年3月3日現在、インドに入国するには?

日本のパスポート

2020年3月3日に発表されたものでは、インドに入国する際、合理的な理由を示したうえで改めてインド大使館あるいは領事館でビザを取得する必要があります。

また、2020年2月1日以降に、中国、イラン、イタリア、韓国に旅行歴があり、まだインドに入国していない方も現行ビザな無効になりますので、新たにビザを取り直してください。

さらにインドに入国する際は、インド保健当局および入国管理官に、自己申告書(インドでの滞在先の電話番号や住所)と旅行履歴を提出することが義務付けられています。

下記の国から直接または経由する場合、インドへの入国へはメディカルスクリーニングを受ける必要があるのでご注意ください。

中国、韓国、日本、イラン、イタリア、香港、マカオ、ベトナム、マレーシア、インドネシア、ネパール、タイ、シンガポール、台湾

参考:トラベルボイス
本サイトの無断複写(コピー)・複製・転載を禁じます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

インドでおすすめの記事

インドのアクセスランキング