愛媛県には現存天守が2つある!宇和島城の観光の見どころをお教えします

画像出典:Y.K/shutterstock.com

愛媛県には現存天守が2つある!宇和島城の観光の見どころをお教えします

GoToキャンペーンバナー

愛媛県には全国的にも有名な城があり、中でも松山城や宇和島城はいずれも日本に12しか残っていない現存天守を備えています。宇和島城は築城の名手として名高い藤堂高虎が手掛けた城。愛媛観光では外せないスポットといえるでしょう。今回は、愛媛県宇和島市にある宇和島城の歴史と「立ち上がり門」や「天赦園」など観光の見どころをご紹介しましょう。

※記載の情報は2020年2月時点のものです

目次

愛媛県には現存天守が2つある!宇和島城の観光の見どころをお教えします

目次を閉じる

宇和島城の歴史

出典: Y.K/shutterstock.com

現在の宇和島城を築いたのは藤堂高虎という人物です。戦国時代の武将で大名である高虎は、伊予今治藩主の後に伊勢津藩の初代藩主となりました。築城技術に長けた大名として知られる高虎の城は、石垣の反りを重視する加藤清正に対し、石垣を高く積み上げる設計に特徴があります。

文禄4年に宇和郡を拝領した高虎は慶長元年に城の建造を開始、6年の歳月をかけて宇和島城を完成させました。関ケ原で戦功をあげ国府(現在の今治市)へ移封する前に、城の完成を見届けています。

江戸時代に入ると伊勢国から富田信高が入城、慶長18年には信高が改易し宇和郡は徳川幕府直轄となります。高虎は代官となり高虎の従弟に当たる良勝を城代としました。元和元年には宇和城に伊達政宗の長男である伊達秀宗が入城しています。

現在の宇和城の姿は、2代藩主となった伊達宗利の改修によるものです。老朽化した城の改修は寛文11年に完成しました。

全国に12基しかない現存天守

出典: kazkaz/shutterstock.com

日本には昔、全国に2万以上の城がありました。しかし、江戸時代の「一国一城令」、明治時代の「廃城令」により、多くの城が失われています。さらに、戦時中にはアメリカの空襲によっても多くの城が焼失しました。

一国一城令では、大名の居城以外の城は壊され、新しい築城も禁止されました。全国にあった3,000の城は170にまで激減し、日本の城は一国一城令により約95%失われています。

明治時代に入り廃藩置県をきっかけに、すべての城が陸軍省の財産となり、「存城」と「廃城」に振り分けられました。40の城が「存城」となったものの、文化財として大切にされたわけではありません。建物が壊されたり、石垣や堀が壊されたりしました。

巨大な天守は取り壊しにも再利用にも莫大な費用がかかるため、払い下げられ、国宝の松江城の天守ですら180円程度で取引されたと言われています。こうして現在、日本に残っている天守は12城のみとなりました。宇和島城の天守は波乱の歴史を乗り越えてきた貴重な天守です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

宇和島でおすすめの記事

宇和島のアクセスランキング