松山城は愛媛の必訪スポット!巨城を効率よく巡るための観光ガイド

画像出典:Alon Adika/shutterstock.com

松山城は愛媛の必訪スポット!巨城を効率よく巡るための観光ガイド

GoToキャンペーンバナー

松山城は松山市中心部の城山(勝山)山頂に本丸を構え、その麓に二之丸や三之丸がある平山城です。日本三大平山城の1つともいわれ、愛媛県を代表する観光スポット。重要文化財の天守閣など様々な見どころがある巨城です。敷地が広大で見どころも多いだけに、観光時にどこから周ろうか迷う方もいることでしょう。今回は効率的に松山城を観光するための、必訪スポットを詳しくご紹介します。

目次

松山城は愛媛の必訪スポット!巨城を効率よく巡るための観光ガイド

目次を閉じる

松山城の歴史

出典: Sean Pavone/shutterstock.com

松山城は「賤ヶ岳の七本槍(しずがたけのしちほんやり)」の1人である加藤嘉明が築いた城です。羽柴秀吉に見いだされた加藤義明は、関ケ原の戦いで徳川家康側に従軍して戦功をあげ、松山城を築きました。

慶長8年、勝山と呼ばれていた地名を松山に改め、完成まで26年の歳月がかかっています。加藤義明は松山城が完成する直前に会津に転封されたため、後任の蒲生忠知により松山城は完成されます。

元々は5重の連立式望楼型の天守を備えていた松山城は、蒲生家の後に入城した松平定行により改装され、維持費のかからない3重の天守となりました。その後、落雷で天守が焼失しており、現存する天守は改築を含めて3代目の天守です。

天守は文政3年から35年の歳月をかけて復興されました。天守以外の建物は昭和に入ってその多くを焼失しているため、戦後に再建されたものです。1933年には放火により小天守・南北隅櫓・多聞櫓が焼失、1945年には天神櫓など11棟が松山空襲で焼失しました。

重要文化財の天守群

出典: mTaira/shutterstock.com

江戸時代には全国に170以上あった城の多くは失われて、江戸時代前に築城された天守が残る城は、今では12城だけとなりました。松山城は現存する12天守の中で唯一、築城主として瓦に葵の御紋が付いています。天守は三重三階地下一階の層塔型です。

松山城は、天守と小天守そして隅櫓(すみやぐら)が渡櫓で結ばれている連立式天守を備えています。これは姫路城と同じ構成で、中庭が建物で仕切られた形が特徴です。防御が厳重になるので究極の天守防衛と言われており、松山城の天守群は重要文化財に指定されています。

天守の高さは約30m、松山城がある城山山頂の標高は約132mなので、全体の標高は160mを越えます。「現存12天守」の中で一番高いものです。ぜひ天守からの眺めを360度見渡してみてください。

重要文化財の連立式天守の展望台から、天気が良ければ西日本最高峰の山である石鎚山も見渡せます。瀬戸内海に浮かぶ島々まで見える抜群の眺望を楽しみましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

松山でおすすめの記事

松山のアクセスランキング