落人伝説に彩られる秘境「五家荘」の観光ガイド!独特の自然と文化を体験

画像出典:kattyan / PIXTA(ピクスタ)

落人伝説に彩られる秘境「五家荘」の観光ガイド!独特の自然と文化を体験

目次

落人伝説に彩られる秘境「五家荘」の観光ガイド!独特の自然と文化を体験

目次を閉じる

樅木の吊橋

樅木吊橋の紅葉 【熊本県八代市五家荘】

出典: kattyan / PIXTA(ピクスタ)

よりスリリングな体験をしたい方は、こちらの「樅木の吊橋」がオススメです。樅木の吊橋は、長さ72mの「あやとり橋」と長さ59mの「しゃくなげ橋」のことを指します。この2つの橋は親子吊橋といわれており、木で作られたかなり原始的な橋です。もちろん安全面を考慮した設計になっていますが、梅の木轟公園吊橋に比べるとかなり不安定な橋なので、存分にスリルを味わえます。こちらの橋はそこまで長さはないため、見える景色はそこまで広大ではありません。ですが、五家荘が織りなす山々に囲まれているので、絶景には変わりありません。梅の木轟公園吊橋との違いとしては、樅木の吊橋の方が趣のある景色を楽しめるところでしょう。五家荘に来たときは、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

左座家

左座家の茅葺屋根

出典: 東奔西走 / PIXTA(ピクスタ)

静かな場所で、のんびりと五家荘が織りなす自然を体感したい方は、こちらの「左座家」がオススメです。左座家は平安時代に活躍した貴族、菅原道真の子孫が暮らしていたと言われています。なぜ左座家という名前なのかというと、追手であった藤原一族の奇襲をさけるために名前を偽り、左座太郎と名乗っていたのです。それが由来して、五家荘で左座家と呼ばれるようになりました。

藤原一族の追手を回避した菅原兄弟は後に、兄の左座太郎が五家荘を、弟の菅次郎が樅木を支配しました。典型的な茅葺(かやぶき)屋根が風情にあふれています。現在は手入れが施されているので、左座家の美しいありのままの姿を見れます。

緒方家

紅葉の五家荘

出典: 龍太郎 / PIXTA(ピクスタ)

左座家と同じように、五家荘には多くの平家の落人が住んでいました。その有名な家のひとつが、こちらの「緒方家」です。壇ノ浦の戦いで源氏に敗れた平清経の子孫3人が、追手の奇襲を避けるために緒方と名乗ったと言われています。こちらは左座家とは違い国道445線沿いにあるため、アクセスは比較的簡単です。平地にあるため足元も悪くありません。ご高齢の方でも、安心して観光できるスポットです。緒方家もメンテナンスされているので、当時に近い状態で見学ができます。ここでは茶会や弾き語りなどのイベントも行われています。イベントに合わせて観光に行くと、楽しめること間違いなしですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

八代(熊本)でおすすめの記事

八代(熊本)のアクセスランキング