西南戦争の激戦地!古戦場「田原坂」観光で激動の明治を学ぶ旅

画像出典:ミポリン&Y / PIXTA(ピクスタ)

西南戦争の激戦地!古戦場「田原坂」観光で激動の明治を学ぶ旅

目次

西南戦争の激戦地!古戦場「田原坂」観光で激動の明治を学ぶ旅

目次を閉じる

パノラマガーデン

春の田原坂公園と木葉山 (熊本市)

出典: Kumako / PIXTA(ピクスタ)

田原坂公園の一角には、田原坂一帯の地形や西南戦争当時の陣形、戦の詳細などが再現されたパノラマガーデンがあります。幅はおおよそ20m前後はある巨大なもので、西南戦争の詳しい状況を見ることが可能です。田原坂全体の地形の把握にも役立ちます。

一の坂・二の坂・三の坂

田原坂

出典: つきあかり / PIXTA(ピクスタ)

田原坂は一の坂・二の坂・三の坂と、全部で三つの坂に区切られています。幅は約4m、全長は約1.5kmほどで、坂のふもとから頂上までの標高差は約60mあります。坂のふもとには「一の坂」と書かれた看板が立っていて、その付近が田原坂の入り口です。

一の坂は三つの坂の中で最も傾斜が急で、蛇行する箇所も多くあります。道の両側には竹林があり、見通しが良くない部分も多いので、歩く際は注意が必要です。
二の坂に差しかかると、傾斜は比較的なだらかになります。道の途中には、「西南之役戦没者慰霊碑」があります。
三の坂の傾斜はさらになだらかで、緩やかな坂道といった印象です。道の両側に竹林が生い茂っていることもあり、二の坂までは日中でも少し仄暗く静けさが際立つ雰囲気ですが、三の坂に差しかかると少しずつ見晴らしが良くなり、明るい雰囲気へと変わっていきます。

三つ全ての坂を登りきると、熊本市田原坂西南戦争資料館や弾痕の家、田原坂のパノラマガーデンがある田原坂公園にたどり着きます。

豊岡の眼鏡橋

熊本県最古の石橋 西南戦争を見た豊岡の眼鏡橋 (熊本市北区植木町)

出典: Kumako / PIXTA(ピクスタ)

豊岡の眼鏡橋は、1802年(享和2年)に架けられた熊本県最古の石橋です。西南戦争当時、政府軍の主力である官軍はこの豊岡眼鏡橋を田原坂攻略のための拠点としていました。
橋を渡って川沿いに旧道を進み、国道208号線に出ると「田原坂攻撃官軍第一線陣地跡」の石碑が立っています。
現在の豊岡眼鏡橋近辺には田んぼが多くあり、西南戦争の最前線だったことが信じ難いほどの、のどかな光景が広がっています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

熊本市でおすすめの記事

熊本市のアクセスランキング