夜の博物館を初体験!宿泊もできちゃう「奥出雲多根自然博物館」

夜の博物館を初体験!宿泊もできちゃう「奥出雲多根自然博物館」

GoToキャンペーンバナー

目次

夜の博物館を初体験!宿泊もできちゃう「奥出雲多根自然博物館」

目次を閉じる

豊富なイベントに参加しよう

長野県の満天の星空・乗鞍高原

出典: まちゃー / PIXTA(ピクスタ)

古代生物の化石、貴重な鉱物などをモチーフにした博物館ならではのイベントが開催されている多根自然博物館。『恐竜時代を創るワークショップ「シュライヒ」フィギュアを使ったジオラマを創ろう』では、自分だけの恐竜の世界を作る事ができます。

また博物館では季節に沿ったさまざまなイベントが開催されています。空気の澄んだ大自然ならではのイベントである天体観望会では、ペルセウス座流星群を観察もしました。その他事前の申し込みが必要にはなりますが、年間を通したイベントが楽しめる『島根わくわくサイエンスクラブ』もあります。今年はどんなイベントが企画されるのか乞うご期待です。

周辺の観光スポット

大岩の転がる渓流

出典: テラス / PIXTA(ピクスタ)

奥出雲は『古事記』や『出雲風土記』に登場する伝説の地として有名な場所。神々が集う場所と呼ばれるにふさわしい観光スポットがたくさんあります。

①『鬼の舌震(おにのしたぶるい』は博物館から車で15分ほどの場所にある自然が作り出した大渓谷です。『出雲国風土記』戀山(したいやま)の「ワニが玉日女命(たまひめのみこと)という美しい女神を恋い慕う」とあり、この「ワニのしたふ」が転訛して名付けられたと言われています。

②『みなり遊園地』はその近くにあり、中心にあるローラー滑り台は『鬼の舌震』をイメージして作られています。
その他奥出雲にはメディアでも度々紹介されているパワースポット『須佐神社』や、須佐神社の名前の由来となったスサノオノミコトの妻のイナタヒメが髪を梳くために使っていたと言われる『鏡ヶ池』など、神秘的なスポットがあります。

◎アクセス

出雲八代駅

出典: 抹茶 / PIXTA(ピクスタ)

■JRご利用の場合
JR木次線「出雲八代」駅より歩いて20分

■自家用車の場合
松江市より県道松江木次線、玉湯吾妻山線経由で1時間
松江自動車道(やまなみ街道)高野ICより40分、三刀屋木次ICより20分

■島根県内のホテルをお探しの方
島根県のホテルを探す

■出雲空港行きの航空券をお探しの方
出雲空港行きの格安航空券を探す

■出雲空港(出雲縁結び空港)でレンタカーを借りる
出雲空港周辺のレンタカーを予約する

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

奥出雲でおすすめの記事

奥出雲のアクセスランキング