沖縄県のご当地グルメ7選!

画像出典:まちゃー / PIXTA(ピクスタ)

沖縄県のご当地グルメ7選!

さまざまな国の影響を受けながらも、独自の文化を発展させてきた沖縄県。「ラフテー」や「チャンプルー」など、愛らしい名称の郷土料理が多い食文化においても沖縄独特の個性が光ります。一度食べたらやみつきになる沖縄のご当地グルメをご紹介します!

目次

沖縄県のご当地グルメ7選!

目次を閉じる

沖縄県の食文化について

沖縄の川平湾の青緑色の海

かつては独立国家「琉球王国」として栄えながらも、中国や日本、アメリカなど様々な国々からの影響を受けてきた沖縄県。
沖縄の食文化は、長い歴史の中で外国との交流を重ね、人々の生活の中で育まれてきた独自の文化です。
日本の都道府県でありながらも、他の地域ではあまり見られない、珍しさを感じるようなご当地グルメが沖縄にはたくさんあります。

また沖縄は古くから中国との交流が盛んに行われており、地元に古くから伝わる「琉球料理」は油や豚肉を多く使うなど、中国料理の影響を多大に受けています。
日本でありながらも、どこか異国感があることが沖縄のご当地グルメの特徴です。

ソーキそば

沖縄のソキそば

沖縄に足を運んだときに食べたい、手軽に食べられる名物グルメの1つがソーキそばです。
名前にある「ソーキ」とは、沖縄の方言でスペアリブを表します。

沖縄で食べられている沖縄そばは塩ベースの透明なスープに小麦粉100%で作った太麺を入れ、豚肉やかまぼこ、紅ショウガなどをトッピングしたものです。
この沖縄そばに、さらに甘辛く味付けしたスペアリブをトッピングしたものがソーキそばとなります。

おすすめポイント!

沖縄のソキそば

沖縄グルメの中でもソーキそばはメジャーであり、"ソーキそば=沖縄そば"という認識を持たれがちです。
しかし沖縄そばはトッピングやスープの味付けによって名前が異なり、ソーキそばは数ある沖縄そばの種類の1つとなります。

ソーキそば以外にも、トッピングが異なる「テビチそば」や「野菜そば」、また地域ごとにアレンジが加えられた「宮古そば」など沖縄そばには豊富な種類があります。

沖縄のラフテー(豚角煮、東坡ポーク)

豚角煮、東坡ポーク、沖縄のラフテー

出典: pixta.jp

ラフテーとは沖縄を代表する、豚肉を使った郷土料理です。
いわば沖縄風の豚の角煮とでも言えるラフテーは、皮付きの豚バラ肉を角切りにし、砂糖しょうゆや味噌などで味付けをします。
さらに煮込むときに、沖縄の名産である泡盛を入れることも特徴の1つです。
ラフテーは箸ですっと切れるほど柔らかく、また食べてみると意外とあっさりとした味わいを楽しめます。

おすすめポイント!

鍋で茹でる豚肉ラフテー

ラフテーは沖縄では家庭料理の1つであり、ご飯のおかずやお酒のおつまみとして定着しています。
また沖縄の飲食店でもラフテーは提供されており、沖縄そばの上にラフテーをトッピングしたものやラフテーをご飯の上に乗せた「ラフテー丼」などの料理もあります。
そのままで食べてもおいしく、また様々なアレンジ料理を楽しめることもラフテーの魅力です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の那覇行き格安航空券

那覇でおすすめの記事

那覇のアクセスランキング