東京都のご当地グルメ7選!

画像出典:pixta.jp

東京都のご当地グルメ7選!

GoToキャンペーンバナー

目次

東京都のご当地グルメ7選!

目次を閉じる

ちゃんこ鍋

ちゃんこ鍋

大相撲の本場所が開催される両国国技館があり、相撲ファンにとって聖地ともいえる両国。
しかし両国は大相撲だけでなく、おいしいちゃんこ鍋が食べられるお店があることも見どころです。

ちゃんこ鍋とは力士の体を作るために相撲部屋で食べられている、肉や野菜などたくさんの具材が入った鍋のことを表します。
両国にはそんなちゃんこ鍋の名店がたくさんあり、普段力士が食べているものと同じ味・見た目のちゃんこ鍋をどなたでも食べることができるんです。

おすすめポイント!

ちゃんこ鍋を調理する

一口にちゃんこ鍋といっても、使われている具材や味は様々あります。
相撲部屋ごとに代々引き継がれている、個性豊かな作り方や味付けがあることがちゃんこ鍋の特徴です。

またちゃんこ鍋は、そもそも力士が相撲をとるための体格を身につけるため、効率よく栄養をとるために考案された料理。
食べておいしいことはもちろん、栄養バランスが良いのが「ちゃんこ鍋」です。

深大寺そば

調布市にあり、連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』のロケ地となったことで知られる深大寺。
このお寺の周辺にはお蕎麦屋さんが数多く営業しており、深大寺の近くで食べられるお蕎麦のことを深大寺そばと呼びます。

深大寺そばのルーツは、江戸時代。
当時、深大寺周辺の土地では米を育てることができず、小作人は代わりに蕎麦作りに励んでいました。
そして生産された蕎麦は深大寺に納められ、深大寺では蕎麦を作って来客をもてなしていたというのが深大寺そばの由来とされています。

おすすめポイント!

蕎麦打ち職人

出典: papilio / PIXTA(ピクスタ)

深大寺の周辺は、蕎麦作りに適した気候や土地となっています。

・昼と夜は温度差が5度以上ある
・季節を問わず、湧き水の水温が常に約17度を保っている
など

こうした環境で作られる深大寺そばは風味が強く、またコシもしっかりとしていて絶品です。

柳川鍋

江戸時代に生まれた、日本伝統の鍋料理「柳川鍋」。
柳川鍋とはドジョウとゴボウを甘辛い割下で煮て、仕上げに卵でとじた鍋料理のことになります。
ドジョウは日常的に食べられているような食材ではなく、馴染みがない方がほとんどかもしれません。
しかし栄養が豊富で、古くからスタミナ食として好んで食べられていました。

おすすめポイント!

柳川鍋と同じく、ドジョウを使用した料理に「どぜう鍋」があります。
2つの料理の主な違いは、ドジョウの調理方法です。

・柳川鍋 → 内臓や骨をとったドジョウを煮込み、卵でとじる
・どぜう鍋 → ドジョウを丸ごと煮込む

最後に卵でとじる柳川鍋は、全体的にまろやかな風味が強まるのが特徴です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

上野でおすすめの記事

上野のアクセスランキング