バーベキューやサイクリングも満喫!埼玉・国営武蔵丘陵森林公園

画像出典:genki / PIXTA(ピクスタ)

バーベキューやサイクリングも満喫!埼玉・国営武蔵丘陵森林公園

GoToキャンペーンバナー

埼玉県比企郡滑川町にある国営武蔵丘陵森林公園は、全国初の国営公園で、埼玉県最大規模の敷地面積を誇ります。春は草花、夏は水遊びや昆虫の観察、秋は紅葉、冬はイルミネーションなど、一年中楽しめるスポットです。日本最大のエアートランポリン「ぽんぽこマウンテン」やフィールドアスレチックなど、体を動かして遊べる施設が豊富で、ファミリーでのお出かけにもうってつけ。東京ドームの約65倍という広大な敷地面積を一日ではすべて回り切るのは難しいため、ここでは見どころを絞って、各エリア、イベント情報などをご紹介します。

目次

バーベキューやサイクリングも満喫!埼玉・国営武蔵丘陵森林公園

目次を閉じる

西口エリアの見どころ

西口エリアには、子どもたちが楽しめる遊び場がたくさん。なかでも人気のある遊び場をご紹介します。※写真はイメージ

冒険コース

西口ゲートを入って左、徒歩2分ほどにあるフィールドアスレチック。大きな船の形をした遊具「げんきもりもり号」が目印です。アスレチックコースは山あり谷あり。すべり台に階段、吊り橋にターザン、ブランコにネットなど、24種類の遊具があります。一周すべてまわると1時間ほどかかるかもしれません。子どもだけでなく大人も本気で楽しめます。ぜひ子どもと一緒にチャレンジしてください!

むさしキッズドーム

西口ゲートから歩いて1分、少し小高い丘の登った先に、白い屋根が目印のドームがあります。ここにあるのは、小さな子どもでも安心して遊べる50種類のカラフルな遊具。屋根があるので、雨の日でも安心して遊べるのもうれしいですね。

じゃぶじゃぶ池

公園内のプールとは思えないほどの大きさの水遊び場です。その水面積はなんと2,500m2!水深は5~30cmと浅いので、小さなお子さんでも安全に遊べます。真夏はたくさんの子ども連れがじゃぶじゃぶ池で遊んでいます。男女別の更衣スペースも設けられているのもいいですね。

中央口エリアの見どころ

中央口エリアには、ハーブガーデンやボーダー花壇、カエデ園など、植物を楽しめる多くのエリアがあります。※写真はイメージ

ハーブガーデン

約2,500m2の広さがあるハーブガーデン。ハーブやオールドローズなど、さまざまな種類の植物を鑑賞できます。植物の色彩を楽しめる「金の庭」「銀の庭」、キッチンハーブなどを用途別に集めた「ハーブ見本園」など、7つのエリアから成っています。春から秋にかけてが見頃ですが、ベストシーズンである5月初旬には、スモークツリーやデルフィニウム、バラなどの花々が見頃を迎えます。

ボーダー花壇

約300m続く宿根草(多年草)を中心とした、花好きには必見のスポット。テーマ別に5つのブロックに分かれています。見頃は夏。百日紅を背景に、ヘメロカリスやアジサイアナベルなどの色鮮やかな花々が咲き誇り、美しいコントラストを楽しめます。

南口エリアの見どころ

南口の方にはぽんぽこマウンテンや運動広場、梅林や椿園があります。※写真はイメージ

ぽんぽこマウンテン

約1,000m2もある巨大なエアートランポリンで、その大きさは日本一を誇ります。子どもだけでなく大人も一緒に遊べる人気スポットのひとつ。傍には別に小さな子ども用のトランポリンもあるので、安心して楽しめます。南口と中央口の各ゲートから徒歩20分ほどですが、坂道が少ない南口ゲートから訪れるのがおすすめです。

運動広場

園内最大の芝生広場で、レクリエーションやマラソン大会の会場としても使用されています。運動広場には大きなドームがあり、日よけや雨よけとして、またランチスポットとしても人気です。広場には花畑もあり、4月前半から5月初めにかけてアイスランドポピーが咲き誇り見頃を迎えます。

南口には梅林、椿園のほか、約120品種500本の桜があり、花々を楽しめるエリアでもあります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

熊谷でおすすめの記事

熊谷のアクセスランキング