コーヒー好きは必見!?中国人向け日本越境ECを運営するインアゴーラがコーヒーチェーン「ラッキンコーヒー」と協業

コーヒー好きは必見!?中国人向け日本越境ECを運営するインアゴーラがコーヒーチェーン「ラッキンコーヒー」と協業

日本商品に特化した中国人向け越境ECサイト「豌豆公主」(ワンドウ)を開発・運営している「インアゴーラ株式会社」が、現在破竹の勢いで展開しているコーヒーチェーン「ラッキンコーヒー」と協業します。その目的はカルビーの人気シリアル食品「フルグラ®」をラッキンコーヒーでも取り扱えるようにすることです。

目次

コーヒー好きは必見!?中国人向け日本越境ECを運営するインアゴーラがコーヒーチェーン「ラッキンコーヒー」と協業

ラッキンコーヒーとは?

中国で急成長しているコーヒーチェーン

ラッキンコーヒー

ラッキンコーヒー(瑞幸咖啡)はアプリによる迅速な決済システムや配達サービスなど時流にのったサービスを展開して、急速に成長を遂げたコーヒーチェーン。

2020年1月8日に行われた戦略発表会でもカルビーのフルグラなどのお菓子・ジュースもふくむ無人自動販売機のリリースを公表するなど、その内容は耳目を集めるものでした。

インアゴーラ株式会社のECアプリ「豌豆公主」(ワンドウ)と協業

特にカルビーの「フルグラ®」については、インアゴーラ株式会社が開発した日本商品に特化した中国人向け越境ECアプリ「豌豆公主」(ワンドウ)でも取り扱われ中国でも人気があります。これに着目したラッキンコーヒーがビジネススキームに組み込むことを決定しました。

中国最大手のコーヒーチェーンがカルビーの「フルグラ®」を販売することによりラッキンコーヒーとカルビー、そしてインアゴーラの3社に大きなシナジーが生じることが期待されています。

インアゴーラ株式会社とは?

豌豆公主(ワンドウ)

インアゴーラ株式会社は2014年12月に設立された会社です。中国人向けの越境ECのプラットフォームを開発運営し、日本と中国でのシームレスなショッピングサービスや、ライフスタイルの提案などを提供しています。

同社が開発した越境アプリ「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」は、日中の国境間での商取引において必要な、情報や決済の越境についての課題をすべて解決するシステムです。日本の商品情報の翻訳やカスタマーサービス、多角的な事業展開などもインアゴーラがサポートします。

同社をハブとすることでスムーズに中国市場へ進出することが可能となります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の中国行き格安航空券

中国でおすすめの記事

中国のアクセスランキング