富士急ハイランドに行こう!最強アトラクションが自慢のテーマパーク

画像出典: あずさ / PIXTA(ピクスタ)

富士急ハイランドに行こう!最強アトラクションが自慢のテーマパーク

GoToキャンペーンバナー

世界記録に認定された「世界一」のアトラクションが多くある富士急ハイランド。富士の裾野に位置しており、日本一の山、富士山を眺めながら様々なアトラクションを楽しむことができます。大人から子供まで一日中遊ぶことができる巨大アミューズメントパーク富士急ハイランドの、楽しむためのポイントや特におすすめのアトラクションをご紹介します。

目次

富士急ハイランドに行こう!最強アトラクションが自慢のテーマパーク

目次を閉じる

無料になった入園料

入園料が無料

世界一のアトラクションがたくさんある富士急ハイランド。2018年7月に、それまで有料(中学生以上1500円)だった入園料がなんと無料になりました。それに合わせて、富士急ハイランドでは顔認証入園システムを導入。チケット代ではなく顔写真を提出することで、当日スムーズに入園できるようになったのです。

話題の絶叫マシンに試しに乗ってみたい方は各アトラクションごとに単体利用ができ、何度もリピートする方にはフリーパスがお得。また、アトラクションにはあまり乗らない子供連れのファミリーなどにとっては、入園料がかからず楽しみたいエリアにだけ気軽に行けるようになったのは、かなりお得なのではないでしょうか。

これは外せない!4大絶叫アトラクション

出典: ニングル / PIXTA(ピクスタ)

数あるアトラクションの中でも「ド・ドドンパ」「高飛車」「ええじゃないか」「FUJIYAMA」の4つの絶叫マシンは特に人気で、これらに乗るために訪れる人も多いほど。どれも世界一、世界記録に登録済み、と謳われている通り、恐さ速さは世界レベルです。なかでも「FUJIYAMA」は宙返りや回転のない王道のコースターながら、4つの世界記録に認定済み。定番ながらその恐さはお墨付きです。

世界最速コースターの「ド・ドドンパ」は10歳〜、ループに加えて座席回転もするグルグルコースター「ええじゃないか」や、最大落下角度が世界記録登録済みの「高飛車」は身長125cm〜、というように、テーマパークのアトラクションにしては高めの年齢や身長制限が設けられています。子供連れで訪れる際には事前にチェックをした方が良さそうです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

富士吉田でおすすめの記事

富士吉田のアクセスランキング