糸島市のおすすめ観光スポット22選!博多からすぐの「福岡の湘南」を旅しよう

画像出典:TOSHI.K/PIXTA(ピクスタ)

糸島市のおすすめ観光スポット22選!博多からすぐの「福岡の湘南」を旅しよう

目次

糸島市のおすすめ観光スポット22選!博多からすぐの「福岡の湘南」を旅しよう

目次を閉じる

4.雷山千如寺大悲王院(らいざんせんにょじだいひおういん)

出典: コンチ/PIXTA(ピクスタ)

「雷山千如寺大悲王院」は、178年にインドの僧・清賀上人(せいがしょうにん)によって建てられた千如寺と、1752年に黒田継高公によって建立された大悲王院で成り立っています。本尊は1本の椿から作られたという「千手観音像」で、高さはなんと4.6m。荘厳な佇まいに思わず圧倒されるでしょう。

雷山千如寺大悲王院は、紅葉の名所としても有名です。樹齢400年の大楓が真っ赤に色づく姿は絵画のように美しく、その姿を一目見ようと訪れる観光客が後を絶ちません。11月に入ると見頃のピークを迎え、拝観受付1時間以上も前から行列ができることも。周辺の山道では渋滞が起こるため、訪れる際は優先車両を通れる糸島市のコミュニティバスを利用することをおすすめします。

5.芥屋の大門(けやのおおと)

出典: kattyan/PIXTA(ピクスタ)

国の天然記念物に指定されている「芥屋の大門」は、玄界灘の荒波に浸蝕されてできた洞窟です。鱗のように規則正しく並んだ柱状の玄武岩が特徴で、大きな口を開いて佇む姿はまるで大蛇のよう。火山噴火時のマグマと波の浸蝕によって誕生したことから、大自然のパワーが凝縮された最強のパワースポットとしても知られています。

そんな芥屋の大門を間近で見てみたい方は、芥屋漁港発着の遊覧船に乗船してみてください。ただし、運航期間は4月から11月の波の穏やかな日と限定されているうえ、天候によっては急遽欠航となる場合もあるので要注意。定員20名ほどの小さな船ですが、2名以上集まれば船を出してもらえるので少人数での観光にも便利です。

6.幣の浜(にぎのはま)

出典: TOSHI.K/PIXTA(ピクスタ)

芥屋の大門と野北を結ぶ弓状の海岸「幣の浜」は、真っ青な海と白い砂、緑の松が美しく調和する糸島の絶景スポットです。その美しさは糸島一、いや福岡一と言っても過言ではないでしょう。何度観ても飽きないという糸島の絶景を求めて、全国各地からたくさんの観光客が足を運んでいます。

幣の浜は、景色だけじゃなく水質の良さもピカイチ!水深1.5m付近でも足元が見えるほど水が透き通っているのだとか。また、糸島屈指のサーフィンスポットとしても有名で、四季を通して波乗りを楽しむ人で賑わっています。それゆえ「福岡のハワイ」なんて呼ばれることもあるそうですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

糸島でおすすめの記事

糸島のアクセスランキング