富岳風穴&鳴沢氷穴|富士山が創りあげた神秘の世界へようこそ!

画像出典:denkei / PIXTA(ピクスタ)

富岳風穴&鳴沢氷穴|富士山が創りあげた神秘の世界へようこそ!

南都留郡富士河口湖町の人気観光スポット「富岳風穴/鳴沢氷穴」。富士山が創りあげた自然の神秘は、ひんやり涼しい不思議な場所です。富岳風穴は子どもからご年配の方まで歩きやすく、幅広い世代の方が訪れます。鳴沢氷穴も年間を通して絶えず観光客が訪れる人気スポットです。富岳風穴/鳴沢氷穴は風穴と氷穴という違いがあり、二つの場所を実際に体験することでその違いを実感できます。ここでは南都留郡の富岳風穴/鳴沢氷穴のおすすめシーズンや見どころなどを、詳しくご紹介します。

目次

富岳風穴&鳴沢氷穴|富士山が創りあげた神秘の世界へようこそ!

目次を閉じる

富岳風穴/鳴沢氷穴とは?

出典: sunrise / PIXTA(ピクスタ)

南都留郡にある富岳風穴/鳴沢氷穴は富士山の北西部にある青木ヶ原樹海にあります。

青木ヶ原樹海は藤利根伊豆国立公園に指定されている歴史的価値の高い原始林。そんな原始林にある富岳風穴/鳴沢氷穴は、1200年以上前から存在する天然記念物でもあります。一年を通して道内の気温は低く、0℃~4℃しかありません。夏場でも氷があるほどの寒さのため、心配な方は上着などを持って行くのがおすすめです。

富岳風穴/鳴沢氷穴の違いは、「横穴形式」と「竪穴形式」ということろです。まず、富岳風穴は、流れ出る溶岩流の上部が内部より先に冷え固まり、下部の溶岩流がそのまま流れ続け、横に流れる形でできた空洞が横穴形式の洞窟です。鳴沢氷穴は、噴火の際、溶岩流に巨木などが飲み込まれ、徐々に冷めて溶岩が収縮する際、噴出した高熱のガス体や溶岩によって生まれた空洞が竪穴形式の洞窟となりました。竪穴形式の鳴沢氷穴は地上から21mと深い場所にまで続いており、最深部に近づくほど気温は下がっていきます。そのため、氷柱や氷の池などが見られます。

また、富岳風穴は横に長い洞窟のため、鳴沢氷穴よりも道はなだらかです。そのため、富岳風穴は体力的に自信がない方や子ども、ご年配の方に人気があります。

おすすめの観光シーズン

南都留郡の富岳風穴/鳴沢氷穴のおすすめの観光シーズンは、春から夏にかけてです。富岳風穴/鳴沢氷穴は気温が低いため、暖かい気候の時期は人が多く訪れます。特に真夏の暑い時期は、照り付ける日差しとは対照的な氷柱や氷の池がより幻想的な雰囲気に感じられます。ただし、人気の時期のため混雑に巻き込まれる可能性も高いので、注意が必要です。

富岳風穴/鳴沢氷穴にある天然の氷は冬期にできるため、春先が一番綺麗に見られるのでこの時期もおすすめです。

反対に初秋を過ぎると、氷が解けてしまっている場合もあるので、天然の氷が見たい方は注意して下さい。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の富士河口湖行き格安航空券

富士河口湖でおすすめの記事

富士河口湖のアクセスランキング