フォトジェニックな観光地として話題の「父母ヶ浜」へ行ってみよう!

画像出典:まっさん。 / PIXTA(ピクスタ)

フォトジェニックな観光地として話題の「父母ヶ浜」へ行ってみよう!

まるで日本のウユニ塩湖だと称される父母ヶ浜(三豊市)は、香川県にある有名な観光地です。フォトジェニックと言ったらやはり南米・ボリビアのウユニ塩湖でのポージングや、空が地面に鏡のように映ったところではないでしょうか。しかし、本物のウユニ塩湖まで行くには遠すぎる、お金がかかるというのであれば父母ヶ浜(三豊市)でもキレイな写真が撮れるのでおすすめです。

目次

フォトジェニックな観光地として話題の「父母ヶ浜」へ行ってみよう!

目次を閉じる

どこにあるの?

出典: Eivaisla/shutterstock

香川県三豊市にある父母ヶ浜ですが、こちらの住所は「香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3」です。車で行くのであれなナビに上記の住所を入力しましょう。「父母ヶ浜海水浴場」と入力しても行けます。高松自動車道、さぬき豊中ICより約20分、三豊鳥坂ICより約20分ほどで着きます。コミュニティバスも出ているので、車以外でのアクセス方法として有効です。月曜日から土曜日に運航しているので、日曜・祝日に出かけたいという場合には注意しましょう。コミュニティバスはJR詫間駅から出ています。代わりにタクシーで向かいたいという場合は以下のタクシー会社に連絡してください。

・詫間交通  TEL:0875-83-3136
・さくらタクシー  TEL:0875-72-5048
・河田タクシー TEL:0875-82-2918

「日本のウユニ塩湖」と呼ばれる理由

出典: SA555ND / PIXTA(ピクスタ)

父母ヶ浜が日本のウユニ塩湖と呼ばれるのは、海水浴場に潮だまりと呼ばれる水たまりができることや、干潮時であること、その時に風が吹かないなどの条件がそろい、その結果まるで地面が鏡のようになる現象が見られるからです。天空を映し出すその姿に魅了される人は多いものの、日本でもこのような景色があると知っている人はまだ少ないのではないでしょうか。出かけるのであれば、空が美しく映る晴れた日で、かつ風が穏やかな時を狙いましょう。風があると水面がなびくのでキレイな鏡になりません。条件がそろう時期を考えるのもポイントです。ちなみにこの父母ヶ浜は「日本の夕陽百選」にも選ばれたことがあるくらい夕陽がキレイです。これが地面にも映るとなれば一層フォトジェニックな写真が撮れるでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の三豊市行き格安航空券

三豊市でおすすめの記事

三豊市のアクセスランキング