琵琶湖の観光名所「浮御堂」を徹底ガイド!水運で栄えた堅田の景勝

琵琶湖の観光名所「浮御堂」を徹底ガイド!水運で栄えた堅田の景勝

GoToキャンペーンバナー

日本一大きな湖として知られる琵琶湖。その琵琶湖の景勝地として魅力を放っているのが浮御堂(うきみどう)です。室町時代に堅田の落雁が近江八景のひとつとして選定され、松尾芭蕉や阿波野青畝などの俳人にも愛されてきた歴史を持ちます。湖の中に突き出たように建っているので、雄大な琵琶湖とともに比良山系や比叡山などを眺めることが可能。絶景ポイントとしても最適なので、琵琶湖中編の景色を楽しみたい場合にもおすすめの場所となっています。そんな浮御堂へのアクセス方法や居初氏庭園についてご紹介していきましょう。

目次

琵琶湖の観光名所「浮御堂」を徹底ガイド!水運で栄えた堅田の景勝

目次を閉じる

湖面に浮かぶ御堂

湖面に浮かぶ御堂が印象的な浮御堂ですが、正式には「海門山満月寺」という名称です。創建は平安時代後期と言われ、湖上の安全と衆生済度を祈願し、比叡山の僧でもある恵心僧都によって建立されました。

浮御堂の中には「多数功徳作善信仰」という信仰によって千体仏が安置されています。参拝時にはその一部を拝見することが可能なので足を運んでみましょう。景色を堪能するだけでも心が洗われるスポットです。

■拝観時間

8:00~17:00

■拝観料

大人:300円

堅田の繁栄を伝える「居初氏庭園」

琵琶湖の湖畔にある居初氏庭園(いそめしていえん)は、堅田の繁栄を伝える地でもあります。堅田湖族の中でも中心的だった三家のひとつでもある居初家の敷地内にある庭園で、約200坪もの広さがあり、国指定の名勝庭園にも選定されています。

庭園内には滋賀県指定文化財に指定されている天然図画亭(てんねんずえてい)と呼ばれる茶室もあり、貴重な茶室の造りを見ることが可能。茶室からの眺めは特に美しく、事前に予約をすることで残された資料や掛け軸、小道具などを見ることもできます。茶会を開くことも可能なので、実際に体験したい場合には事前に予約をし、景色を堪能しながらお茶を楽しみましょう。

■営業時間

9:00~11:30、13:00~16:30
事前予約が必要

■料金(2019年12月時点での情報です)

大人:500円
団体割引(20名以上):400円

「湖族の郷資料館」で堅田の歴史を知ろう

堅田の歴史や文化をより深く知りたい場合には、湖族の郷資料館に足を運んでみましょう。
・堅田の歴史
・志賀廼家淡海
・堅田の作品
・芭蕉の足跡
・昔の器具
・堅田の銘品
といったテーマごとに資料が展示され、堅田の作品コーナーでは、三島由紀夫氏や城山三郎氏、川口松太郎氏など、堅田がテーマの作品や作家について紹介されています。写真やイラストによって展示されているのでわかりやすいでしょう。定期的にイベントも開催されているので、足を運ぶ際には公式ホームページを確認してから行くことをおすすめします。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

大津市でおすすめの記事

大津市のアクセスランキング