串本海中公園で和歌山の海を満喫!観光の見どころをご紹介

画像出典:Yama / PIXTA(ピクスタ)

串本海中公園で和歌山の海を満喫!観光の見どころをご紹介

GoToキャンペーンバナー

今回は、本州最南端にある豊かな黒潮の海を堪能できる「串本海水公園」の魅力をお伝えしたいと思います。和歌山に旅行に行かれる皆さん、旅の計画はもう立てましたか。まだどこに行くか決まっていないという方は宿泊施設も完備され、絶景を眺めながらBBQも楽しめる「串本海水公園」で和歌山の美しい海を楽しんでみませんか。また、真冬でも温かいこの和歌山の海ではダイビングを楽しむことができます。串本の海に生息する美しい魚たちを見たり、地元和歌山だからこそ楽しめる美味しい海の幸・山の幸を是非ご堪能ください。

目次

串本海中公園で和歌山の海を満喫!観光の見どころをご紹介

目次を閉じる

水族館

串本海中公園の中にある「水族館」では、500種・5,000点にも及ぶ串本の海に住む、色とりどりの美しい熱帯魚たちを楽しめます。この水族館には、目の前にある串本の美しい海に生息する生き物たちだけが飾られています。串本の海から直接くみあげた新鮮な水と、日光を十分に取り入れた水槽の中で生き物たちが生き生きと自然な姿で泳いでいる姿を間近で楽しむことができますよ。

また水族館は、A・B・Cの三つのゾーンに分かれていてそれぞれ幻想的で美しい魚たちの様子を楽しむことができます。見るだけでなく、自分で実際に体を動かして動物たちに餌やりをしてみたいという方はBゾーンのウミガメパークで、亀の赤ちゃんに餌をあげる体験をすることもできます。体重100kgを越える親ウミガメはどのくらい大きいのか、子どもだけでなく大人も楽しめるイベントが沢山あります。

海中展望塔

海中展望塔は、沖合から140mの距離にあります。更に水深6.3mとなっているので、海の中でもかなり深いところまで降りて行けるようになっています。串本の海底に住む「クシハダミドリイシ」や「テーブルサンゴ」など串本の海だからこそ見られる美しい生き物たちを間近でみることができます。

また季節によって見られる魚たちも変わってきます。サンゴの間を泳ぎ回る魚たちの様子は、ずっと見ていても飽きることがありません。また展望塔のまわりには網などの囲いはありません。そのため、毎日展望塔にやってくる魚たちは日によっても違いますし時間帯や季節によっても異なります。どんな魚に会えるか今から楽しみですね。是非ここでしか見られない串本の熱帯魚たちを思う存分お楽しみください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

和歌山でおすすめの記事

和歌山のアクセスランキング