【和歌山】高野山に広がる世界遺産|金剛峯寺の見どころや宿坊を紹介

画像出典:Yama / PIXTA(ピクスタ)

【和歌山】高野山に広がる世界遺産|金剛峯寺の見どころや宿坊を紹介

GoToキャンペーンバナー

目次

【和歌山】高野山に広がる世界遺産|金剛峯寺の見どころや宿坊を紹介

目次を閉じる

高野山金剛峰寺の御朱印帳とお守り

高野山にはたくさんの寺院があり、御朱印だけでも200数種類あります。御朱印帳も数多く販売されています。

高野山で数多く販売されている御朱印帳の中で、特に人気なのが木の表紙の珍しい御朱印帳です。木の種類が違う杉タイプと桧タイプがあり、杉1,500円、桧1,700円と少し高価ですが、桧の御朱印帳は香りが良く癒やされます。こうやくん朱印帳バンド(540円)もかわいいので一緒にどうぞ。

おすすめのお守りですが、金剛峯寺には共生守りというお守りがあります。「共生」とは、大師の教えとも言える「共に生命を育む」という心をいう教えのことです。お守りは御廟の屋根の改築の際に交換した檜皮(ヒノキの皮)を使用したお守りで、金剛峯寺の売店で授与されています。

※記載されている金額は2019年12月現在のものです

金剛峯寺のアクセスと周辺の駐車場

極楽橋駅 高野山ケーブル

▼公共交通機関を使う場合
大阪の南海なんば駅から高野山までは特急で約1時間30分です。南海高野線「極楽橋」駅からは、ケーブルカーで高野山駅に向かいます。ここからバスで高野山に向かうことになります。ケーブルカーもバスも本数が多いとは言えません。事前に時刻表を確認して予定を立てましょう。

▼車(自家用車・レンタカー)を使う場合
高野山へ車で行く場合、玄関口になる街は橋本です。橋本から高野山までは約50分。ルートは国道371号線と国道480号線があります。371号線は舗装されていますが、角度のきついカーブも多く、車のすれ違いが難しい場所もあり、よく渋滞も発生します。車酔いする方にとってはつらい道のりです。一見、回り道に見えますが国道480号線を利用した方がカーブも緩やかでかんたんです。

《金剛峯寺の駐車場》
中の橋駐車場は台数も多く無料で利用できます。奥の院には一番近い駐車場です。金剛峯寺前の駐車場は便利でおすすめですが、止めれる台数が少ないです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

高野町でおすすめの記事

高野町のアクセスランキング