【和歌山】高野山に広がる世界遺産|金剛峯寺の見どころや宿坊を紹介

画像出典:Yama / PIXTA(ピクスタ)

【和歌山】高野山に広がる世界遺産|金剛峯寺の見どころや宿坊を紹介

GoToキャンペーンバナー

目次

【和歌山】高野山に広がる世界遺産|金剛峯寺の見どころや宿坊を紹介

目次を閉じる

座禅・瞑想を体験する阿字観道場

金剛峯寺では阿字観という修行を体験することができます。拝観料を納めて寺の奥に行くと売店があり、そこで申し込みができます。道場といっても落ち着いた和室です。普通は入れない場所なので、いい旅の思い出になるでしょう。

道場で行われるのは阿息観という瞑想法。担当のお坊さんがわかり易く、阿字観とは何か、瞑想のやり方など色々教えてくれます。所要時間は約1時間ですが、実際に座禅するのは20分程度です。気軽に体験してみてはどうでしょうか。

参加費は1000円です。予約制ではなく先着順になっています。希望される方は金剛峯寺に確認してみてください。冬季は行ってないのでご注意ください。

道すがらに見どころが多い奥の院

高野山金剛峰寺の奥の院

出典: いぐっちゃん / PIXTA(ピクスタ)

奥の院は高野山信仰の中心であり、弘法大師空海が御入定された聖地です。できれば正式参拝として一の橋から参拝しましょう。

一の橋から御廟まで約2キロの間には、20万基を超える著名な諸大名の墓石の数々が樹齢千年に及ぶ杉木立の中に立ち並んでいます。途中には覗いてみて自分の姿がうつらなければ3年以内に命を落としてしまうという少し怖い姿見の井戸や、いくら立て直しても墓石にひびが入ってしまうという明智光秀公のお墓、汗かき地蔵さん等、見所がたくさん。あれこれ見ている間に弘法大師様が御入定された御廟に着きます。

御廟は今も弘法大師が瞑想していると言われる聖地中の聖地。写真撮影はもちろん、大きな声で騒ぐ等は一切厳禁です。奥の院では朝の6時と10時30に生身供といわれる儀式が行われ、空海へ食事が供えられます。お供えされるのは私たちが食べるような普通の食事です。今でも空海さんが修行されているという考えの表れです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

高野町でおすすめの記事

高野町のアクセスランキング