【和歌山】高野山に広がる世界遺産|金剛峯寺の見どころや宿坊を紹介

画像出典:Yama / PIXTA(ピクスタ)

【和歌山】高野山に広がる世界遺産|金剛峯寺の見どころや宿坊を紹介

GoToキャンペーンバナー

金剛峯寺のある高野山は、弘法大師・空海が開山した仏教の聖地。「一山境内地」といい高野山全体がお寺の境内だと考えられています。高野山といえば奥の院とお堂や塔が立ち並ぶ壇上伽藍が2大聖地となっていますが、もうひとつ外せない場所があります。それが「高野山真言宗金剛峯寺」です。金剛峯寺=高野山全体を示す名称で、高野山真言宗の総本山になっています。今回は金剛峯寺の見どころと、高野山の宿坊を紹介します。

目次

【和歌山】高野山に広がる世界遺産|金剛峯寺の見どころや宿坊を紹介

目次を閉じる

金剛峯寺の歴史を簡単に予習

金剛峯寺の壇上伽藍・東塔

出典: shiii / PIXTA(ピクスタ)

弘仁7年(816年)、弘法法師と呼ばれる空海が嵯峨天皇から賜った地が高野山です。高野山を開山した空海は、曼荼羅世界を作り出すために伽藍の建設に取り掛かりました。工事ははかどらず、さらに落雷や火災などにより建物は焼失。一時は衰退の時期をも迎えました。その後、高野山の復興に取り組まれたのは長和5年(1016年)頃のことです。

現在の金剛峯寺は、豊臣秀吉が母親の菩提を弔うために、応其上人(おうごしょうにん)に命じて造営した「青巖寺(せいがんじ)」が前身です。長い歴史の中で度重なる火災に見舞われ、現在見ることのできる姿は江戸時代後期に再建されたもの。また、明治政府から「青巖寺」を「金剛峯寺」に改号するように指導されています。翌年の明治2年、建っていた興山寺(こうざんじ)と合併して「総本山・金剛峯寺」になり現在に至っています。

防火対策が施された主殿

書院造建築としても知られる金剛峯寺の主殿

出典: shiii / PIXTA(ピクスタ)

高野山金剛峯寺の主殿は江戸末期再建された、書院造建築です。

屋根は檜の皮を何枚も重ねた檜皮葺(ひわだぶき)になっています。その屋根の上に、桶が置かれており、これを天水桶といいます。高野山の歴史は火災との戦いでもありました。落雷などでも大きな火事になることもあったそうです。桶に普段から雨水を溜めておき、火災が起きた時に火の粉で屋根が燃えあがらないように桶の水をまいて湿らし、少しでも延焼を防ぐための役割を果たしました。

座禅・瞑想を体験する阿字観道場

金剛峯寺では阿字観という修行を体験することができます。拝観料を納めて寺の奥に行くと売店があり、そこで申し込みができます。道場といっても落ち着いた和室です。普通は入れない場所なので、いい旅の思い出になるでしょう。

道場で行われるのは阿息観という瞑想法。担当のお坊さんがわかり易く、阿字観とは何か、瞑想のやり方など色々教えてくれます。所要時間は約1時間ですが、実際に座禅するのは20分程度です。気軽に体験してみてはどうでしょうか。

参加費は1000円です。予約制ではなく先着順になっています。希望される方は金剛峯寺に確認してみてください。冬季は行ってないのでご注意ください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

高野町でおすすめの記事

高野町のアクセスランキング