日帰りでも楽しめる!ブリスベン市街地の魅力的な観光スポット

日帰りでも楽しめる!ブリスベン市街地の魅力的な観光スポット

GoToキャンペーンバナー

オーストラリア、クイーンズランド州の「サンシャイン・キャピタル(太陽の都)」ブリスベン。ショピングやカフェでのリラックスタイム、さまざまなアクティビティなど、オージーライフを満喫するにはうってつけの都市です。ブリスベンの魅力をたっぷりとご紹介します!

目次

日帰りでも楽しめる!ブリスベン市街地の魅力的な観光スポット

目次を閉じる

ブリスベンとは?

プリスベン CBD 、クイーンズランド(オーストラリア)

出典: www.istockphoto.com

オーストラリア観光の玄関口となるブリスベン。
1年を通じてほぼ晴れの日が続くことから、"サンシャイン・キャピタル"の愛称で親しまれる太陽の都です。

おだやかに流れるブリスベン川に寄り添いながら発展を続け、今ではメルボルンやシドニーに次ぐ第3の都市となっています。
モダンな高層ビルが立ち並ぶ一方で、ゴシックやコロニアルなどの伝統的な様式の建築物も残り、歩いているだけでも歴史の移ろいを感じられます。
また川沿いは豊かな緑にも恵まれ、都会でありながらリゾート感を感じられることも。

ここからブリスベンの魅力をたっぷりとご紹介。
のどかで陽気なオージーライフを体験したいなら、ブリスベンはピッタリな旅先となっています。

日本とブリスベンの時差

海外旅行に発つ前に気になるのが、日本との時差。
時差が大きいと疲れてしまったり、帰国後もなかなか日常生活に戻れないなんてこともありますよね。
でも日本とブリスベンとの時差は、わずか1時間。

日本10:00 / ブリスベン11:00

ブリスベンの方が、1時間早く進んでいます。
これくらいなら時差ボケも気にせず、めいっぱい旅を楽しむことができるはずです。

ブリスベンの気温と天気

亜熱帯気候のブリスベンは、1年中あたたかい気候に恵まれています。
日本でいえば、沖縄に似た気候です。
冬でも平均最高気温は20℃を超え、日中であれば半袖で過ごせる日も。

また季節は日本と逆で、季節別の平均最高気温と平均最低気温は以下のようになります。

・春:9-11月 25,6℃ - 15,4℃
・夏:12-2月 29℃ - 20.3℃
・秋:3-5月 26℃ - 16.8℃
・冬:6-8月 21.2℃ - 10,2℃

持っていく服装には注意が必要です。

ブリスベンは"太陽の都"というだけあって年間を通して晴れの日が多い分、日差しも強いです。
ビーチで過ごしたり街中を歩き回る時など、日焼け止めが1本あると良いでしょう。
外出時にたとえ空が曇っていても、日焼け対策は万全にしておくのが◎

ブリスベンの治安

ブリスベンの治安

オーストラリアの治安が良いことから、ブリスベンの治安も安定していると言えます。

世界平和度指数(2019年):13位/163ヵ国中
外務省海外安全ホームページ:危険度0

最低限の注意さえ払っていれば、危険な目に遭うことはないはずです。

ただ「夜中でも女性1人で繁華街を歩ける?」と言われれば、答えは日本と比べたらやはり危険な場合も。
多国籍国家なため国の数だけ文化や習慣、宗教なども異なり、それをきっかけにトラブルに発展することもあります。
へたにトラブルに巻き込まれないためにも、不用意に夜中に出歩くのはやめておいた方が良いです。

ブリスベンで買い物するならここ!おすすめのショッピングスポット

オーストラリア人女性のショッピング風景

海外でのショッピングって、なんだかワクワクしますよね。
日本よりお得に買い物できたり、その国でしか買えないものなど、さまざまな出会いがショッピング熱をかきたてます。

ブリスベンの街には1,000以上の店舗があるとも。
珍しいものやユニークなものもたくさんあり、あれこれ立ち寄っていたら滞在中ではとても回りきれないほどです。
ブリスベンのお土産選びでも役立つ、ショッピングスポットをご案内します。

クイーン・ストリート・モール

Queen Street Mall in Brisbane(ブリスベンのクイーンストリート モール)

出典: www.istockphoto.com

ブリスベンのショッピングシーンを引っぱるのが、クイーン・ストリート・モール。
通りには700以上の店舗があり、アパレルやコスメ、レストラン、カフェ、バーなどが軒を連ねます。
路上ではマジシャンやミュージシャン、大道芸人などを見物することもでき、買い物の予定がなくてもベンチやテラスに座っているだけで日常の雰囲気を楽しめます。

ジェームス・ストリート

ブリスベンのお洒落スポットといえば、ジェームス・ストリート。
日本でいう青山や表参道のような場所です。
国内外のハイファッション、素敵なカフェやレストラン、お洒落な雑貨やインテリアのお店など、歩いているだけでもテンションがUPするスポットになっています。

DFO ブリスベン

人気の大型アウトレットモール、DFO ブリスベン。
120以上のブランドが入っており、欲しかったあの商品が大幅にプライスダウンしているなんて運命的な出会いが待っているかもしれません。
空港から目と鼻の先にあるので、最終日に立ち寄ってみるのがオススメです。

ブリスベンのローカルカフェ

ブリスベン市内のカフェ

出典: ymgerman

ちょっと一息つきたいなって時にあると嬉しいのが、カフェ。
オーストラリアではメルボルンが"カフェの街"として世界的にも有名ですが、ブリスベンにも気軽に立ち寄れるお洒落なローカルカフェがたくさんあります。
ゆっくりとしたひとときが過ごせるカフェや、外観が素敵なインスタ映えにもピッタリなカフェをいくつかピックアップしていきます。

ビーン・カフェ

路地の地下に隠れるようにしてあるビーン・カフェ。
昼は驚くほど静かな環境のカフェ、夜になれば賑やかなバーへと様変わりします。
まるで映画のワンシーンで出てきそうな外観のチェックも忘れずに!

フェリックス・フォー・グッドネス

モーニングやランチで人気のカフェ&レストラン、フェリックス・フォー・グッドネス。
窓の外を眺めながら、こだわりの食材を使った料理を楽しんだ時間は素敵な旅の思い出となるはずです。
月〜金は7am〜3pm、土は8am〜2pmまでとなっているので、混雑する時間を避けてモーニングに行ってみるのがオススメです。

ジョン・ミルズ・ヒムセルフ

歴史あるレンガ造りの隠れ家的なカフェ、ジョン・ミルズ・ヒムセルフ。
豆にこだわりがあるカフェでは、ロースト加減から自分好みの1杯をオーダーできます。
場所を見つけるのにちょっぴり苦労しますが、外観・内装ともに素敵な空間でのカフェタイムを過ごしたいなら探す価値ありです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ブリスベンでおすすめの記事

ブリスベンのアクセスランキング