【阿里山エリア観光の拠点】嘉義市東区のおすすめホテル10選!

画像出典:OPQR3 / PIXTA(ピクスタ)

【阿里山エリア観光の拠点】嘉義市東区のおすすめホテル10選!

行政区が西区と東区の2つのエリアに分かれている嘉義市。嘉義駅前は、2つの行政区が入り組んで隣接しており、通りをはさんで向かい同士で区の名前が違うことがよくあります。その為、ホテルを予約する際には、写真やクチコミだけでなく、実際に地図を見て施設の予約をするのがおすすめ。住所だけを見ていると、一見離れた場所にありそうなホテルも、地図で見てみると意外と駅近のエリアにあったりします。旅の目的にあわせて、素敵なホテルをチェックしましょう。

目次

【阿里山エリア観光の拠点】嘉義市東区のおすすめホテル10選!

目次を閉じる

駅前で探す個性的な宿

近年では映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」の撮影地としても有名な嘉義市。台湾の有数の穀倉地帯として有名な嘉南平野の水利事業を行った日本人技術者、八田與一氏の功績でも知られています。阿里山エリアを中心とした少数民族の人々の文化に触れる旅をするには、嘉義市を宿泊の起点にするのがおすすめ。嘉義市の行政区は西区と東区に分かれていますが、駅前はちょうど西区と東区が入り組んだ境界エリア。地図で見れば西区のホテルが道路の向かい側、ということも。ぜひ西区のホテルも宿泊先のリストに加えてみましょう。

1.オレンジ ホテル - ウェンファ (福泰桔子商旅 - 文化店)

1.オレンジ ホテル - ウェンファ (福泰桔子商旅 - 文化店)

オシャレな外観のホテルは、中央広場の緑が見下ろせる落ち着いた場所にあります。嘉義駅からメインストリートの中山路をまっすぐ、嘉義噴水ロータリーを目印にすれば迷うこともありません。リーズナブルなドミトリータイプの部屋の他に、一般的なホテルタイプの部屋もあり、予算やスタイルに合わせて宿泊プランを選ぶことが可能。また、バリアフリーの設備が整っていることも魅力。バリアフリーの客室やバスルームだけでなく、車椅子のまま利用できるシャワーも。ファミリーでの利用にもおすすめのホテルです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

嘉義でおすすめの記事

嘉義のアクセスランキング