聖地巡礼 訪れてみたい日本のアニメ聖地

画像出典:Joe Besure/shutterstock

フェリーで行こう 最大1,000円お得なプラン

聖地巡礼 訪れてみたい日本のアニメ聖地

アニメの舞台となった土地を訪れる「聖地巡礼」。日本国内のアニメファンのみならず、最近では海外のアニメファンからも注目を集めています。愛するアニメの世界が目の前に現実として在る光景は感動そのもの。日本のアニメ聖地をご紹介します。

目次

聖地巡礼 訪れてみたい日本のアニメ聖地

目次を閉じる

アニメファンから大人気!話題のアニメ聖地とは

カメラ

出典: iravgustin/shutterstock

「聖地巡礼」は、アニメファンの間ではもはや鉄板。
アニメの舞台になった場所を訪れ、キャラと同じポーズで写真を撮ったり、食べたものを食べたり、コスプレをすればさらに気分も盛り上がります。
また最近はその土地が聖地であることをアピールして観光客を呼び込んでいるため、観光事業にも貢献しているといえます。

ファンならやはり、一度は行っておきたいのが聖地です。
実際に行ったことがある場所ならアニメを見返しても「あ、あの場所だ!」とわかって、より一層楽しめます。
今回はアニメの舞台となった、聖地巡礼にぴったりの場所をご紹介します。

北海道苫小牧市:僕だけがいない街

「僕だけがいない街」はタイムリープ能力に悩む主人公が小学生時代に戻ってしまい、そこで誘拐殺人事件と向き合うことになってしまいます。
SFとサスペンスが融合した作品は漫画からアニメ化されたことで、さらにファンを増やしました。

舞台は北海道苫小牧市です。
主人公の悟が同級生・加代の母親を排除しようとする「清水歩道橋」、悟が加代とデートをする「苫小牧市科学センター」、最終回で同窓会の後に悟とケンヤが歩いていた「苫小牧駅前通商店街」などを実際にみることができます。
聖地を巡っていると、悟たちのようなスリリングな気分を味わえるかもしれません。
観光もかねて、ぜひ訪れてみてください。

群馬県館林市:宇宙よりも遠い場所

「宇宙よりも遠い場所」は、4人の女子高生が南極を目指すアニメ。
一見奇想天外ですが脚本が非常によく練られていて、「ニューヨーク・タイムズ紙」が発表する「2018年 最も優れたテレビ番組」の海外番組部門で10作品の1つに選ばれるほど。

舞台になったのは、群馬県館林市。
主人公の玉木マリたちが暮らしていた場所で、キマリが館林市を出ようとするシーンで何度か登場する「館林駅の東口」、アニメ第1話のタイトルバックで登場する駅東口ロータリーの「大たぬき」、白石結月が宿泊したホテルのモデルになった「ニューミヤコホテル館林」など、見ておきたいところが豊富にあります。
公共の交通手段でほとんどまわれるため、ファンの方はぜひ訪れてみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

苫小牧でおすすめの記事

苫小牧のアクセスランキング