サンフランシスコの人気観光スポット「フィッシャーマンズ・ワーフ」を完全ガイド!

画像出典:Justin Ennis/Flickr

サンフランシスコの人気観光スポット「フィッシャーマンズ・ワーフ」を完全ガイド!

サンフランシスコに数ある観光スポットの中でも、特に高い人気を誇る「フィッシャーマンズ・ワーフ」。かつて魚介類を水揚げする波止場だったことから、周辺にはシーフードを味わえるレストランが軒を連ねており、サンフランシスコを代表するグルメスポットとして世界中の観光客を魅了し続けています。グルメのほかにも、ショッピングを楽しめる「ピア39」や水族館、ゲームセンター、チョコレート工場など、とにかく見どころが盛りだくさん!この記事では、「フィッシャーマンズ・ワーフ」の見どころや楽しみ方についてご紹介していきます。

目次

サンフランシスコの人気観光スポット「フィッシャーマンズ・ワーフ」を完全ガイド!

目次を閉じる

フィッシャーマンズ・ワーフとは?

出典: ViewApart

1848年にカリフォルニア州で起こったゴールドラッシュにより、人口200人ほどの小さな開拓地から大都市へと発展したサンフランシスコ。その時に海を渡ってきたイタリア系移民の漁師たちによって、現在の「フィッシャーマンズ・ワーフ」の礎が築かれたと言われています。

「漁師の波止場」を意味する名の通り、フィッシャーマンズ・ワーフにはたくさんの漁船が停泊し、水揚げされた海産物の荷下ろしなどを行っていました。やがて、その魚介類を提供するシーフードレストランが次々とオープンし、一大グルメスポットへと発展していったのです。

一般的には、ピア35付近から北側のエリアを「フィッシャーマンズ・ワーフ」と呼ぶのですが、近年はレストラン以外にもショッピングモールや水族館、アトラクションを楽しめるミニ遊園地といった観光施設がどんどん増えつつあります。

もちろん、現在も港は現役で機能しており、ピア47付近では水揚げ作業を見学することもできますよ。早朝に港を見学してシーフードレストランで朝食をいただき、ショッピング後にまたシーフードランチ!なんていう贅沢なプランもおすすめです。

まずは何でも揃う「ピア39」から

出典: Mario Sánchez Prada/Flickr

フィッシャーマンズ・ワーフのメインとなるエリアが、この「ピア39」です。その名の通り「第39桟橋」に建てられたショッピングモールで、飲食店や土産物店、アトラクションなどが集結しているため、いつ訪れても観光客で賑わっています。

◆アシカの大群にびっくり!

出典: Joe_Potato

地元の人によると、アシカがこの付近に集まるようになったのは1989年頃からで、同年にカリフォルニア州北部を襲った「ロマ・プリータ地震」が原因だと考えられているのだとか。船着場周辺にはアシカの鳴き声が響き渡り、異様な光景をつくりあげています。

いかだの上にびっしりとアシカが横たわる様子は、圧巻のひと言。繁殖期となる夏場にはほとんどのアシカがいなくなってしまうので、大群を見たい方は秋以降に訪れてみてくださいね。

◆ハードロックカフェでお土産探し

全世界に100以上もの店舗を構える人気カジュアルダイニング「ハードロック・カフェ」。ピア39の中でも一際目立つ外観は、お店のシンボルでもあるギターがモチーフとなっており、フォトスポットとしても大人気です。

ここでぜひ手に入れたいのが、世界中にファンがいるというご当地ピンバッジ。サンフランシスコ限定のものだけでも数種類あり、観光の見どころである「ゴールデン・ゲート・ブリッジ」や「ケーブルカー」、「ピア39のアシカ」などがデザインされています。

ほかにも、ご当地Tシャツやキーホルダー、靴下、クマのぬいぐるみといったお土産にぴったりなアイテムが目白押しです。

◆豊富なアトラクションを体験しよう

ピア39には、水族館やメリーゴーランド、鏡の迷路、大道芸、サイクリングといった子供向けのアトラクションから、ワインテイスティングや7Dアトラクション、ジェットボートなどの大人が楽しめるアトラクションまで幅広く揃っています。

中でもイチオシは、3Dアトラクション「ザ・フライヤー・サンフランシスコ」。サンフランシスコの上空を飛びながら観光名所を巡るというもので、映像にあわせて座席が動いたり風が吹いたりという、実際に空を飛んでいるかのようなスリルを体験できます。

料金は、大人25USドル/子供(12歳以下)16USドルで、身長102cm以上であれば特に年齢制限はありません。チケットの購入は、20%オフになるオンラインでの事前購入がお得ですよ。※情報は2020年1月現在のものです。

名物のクラムチャウダーを味わうなら「ボウディン」で

サンフランシスコ名物として有名なクラムチャウダーですが、実はアメリカ東海岸のニューイングランドが発祥です。サンフランシスコでは、「サワードゥ」というパンをくり抜いて器代わりにするスタイルが定番となっており、屋台やレストランで味わうことができます。

出典: Mack Male/Flickr

「ボウディン」はフランス系移民がはじめたベーカリーで、サンフランシスコスタイルの「ブレッド・ボウル」発祥のお店として知られています。ちょっぴり酸味のあるサワードゥと、クリーミーなクラムチャウダーの相性はバッチリ。本場の味をぜひこの機会にお試しあれ!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

サンフランシスコでおすすめの記事

サンフランシスコのアクセスランキング