大迫力の「黒部ダム」を徹底ガイド!五感で楽しむビッグスケールの観光

画像出典:tenjou/PIXTA(ピクスタ)

大迫力の「黒部ダム」を徹底ガイド!五感で楽しむビッグスケールの観光

GoToキャンペーンバナー

富山県を代表する観光スポットとしてだけでなく、日本最大規模を誇るダムとして観光客を魅了し続ける「黒部ダム」。工期7年、総工費513億円をかけて行われた黒部ダムの建設は「世紀の難工事」として知られており、約1千万人の作業員と171人の犠牲者たちの努力の物語は、映画『黒部の太陽』として今も語り継がれています。黒部ダムの観光をより有意義なものにするなら、前もって予習しておくのがおすすめ。この記事では黒部ダムの歴史や見どころ、名物グルメなどについて詳しく解説していきます。

目次

大迫力の「黒部ダム」を徹底ガイド!五感で楽しむビッグスケールの観光

目次を閉じる

黒部ダムができるまで

出典: Kentaro Ohno/Flickr

戦後の復興作業が急速に進むなか、関西では深刻な電力不足が発生し、工場や家庭で計画停電が行われていました。「このままでは関東に遅れを取ってしまう」そう考えた関西電力の社長・太田垣士郎は、一刻も早くこの状況を打開すべく「黒部ダム」の建設を決断します。

冬場の積雪量が多い黒部峡谷は、雪解け水が豊富にあるほか、急峻な地形であるため水力発電に最適な土地としてすでに知られていました。しかし、過酷な自然条件が揃った未開の地であったため、工事は資材を運搬するところから困難を極めたのです。

出典: サンダーボーイ/PIXTA(ピクスタ)

資材をヘリコプターで搬入したり、雪山から滑らせたりと様々な方法を試みますが、結局、長野県大町市からトンネル(現在の関電トンネル))を掘り進めることに決定。作業は順調に進んだかのように見えましたが、700mほど進んだ先で大きな壁が立ちはだかりました。※「破砕帯」の項目を参照

出典: Rick Vink/Flickr

最難所「破砕帯」の掘削を無事に終え、着工から7年の1963年、ついに「黒部川第四発電所(通称:黒部ダム)が完成します。総工費は、資本金の5倍ともいわれる513憶円。作業員の総動員数は1千万人以上で、171人もの尊い命が犠牲になりました。

「破砕帯(はさいたい)」で学ぶ黒部の歴史

出典: kawa/PIXTA(ピクスタ)

「破砕帯」とは、岩が細く砕けて砂のようになった地層に地下水が溜まって脆くなった場所。関電トンネルの大町側から700mほど掘り進めたところにあったのですが、掘削面からは毎秒660リットルもの水が噴出し、一気に坑内を飲み込んだといわれています。

出典: hiroko_tk/PIXTA(ピクスタ)

工事は手掘りで進められていたため、手足は凍てつき、湧き出る土砂に人や機材が吹き飛ばされることもあったのだとか。作業は60分ごとの交代制で行われましたが、1日に1cmも進めない日が続き、やがて暗礁に乗り上げてしまいます。

この困難を打開したのが、日本が世界に誇る建築技術と現場監督の豊富な知識でした。「冬が来れば湧水量は減る」という言葉の通り、坑内の水は徐々に減って行き、同時に水を抜く作業と破砕帯を固める作業が行われ、ついに破砕帯を突破したのです。

およそ80mの破砕帯を掘るのにかかった月日は、なんと7ヶ月!最も過酷な作業と言われた破砕帯の突破工事でしたが、犠牲者は1人も出なかったそうですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

立山町でおすすめの記事

立山町のアクセスランキング