アイヌの聖地|知床斜里町の来運神社は道東最強のパワースポット

画像出典:みやちゃん / PIXTA(ピクスタ)

アイヌの聖地|知床斜里町の来運神社は道東最強のパワースポット

目次

アイヌの聖地|知床斜里町の来運神社は道東最強のパワースポット

目次を閉じる

知床・アイヌの神が宿る来運神社とは?

来運神社のある地はアイヌ民族から「死者の沢」を意味する言葉である「ライクンナイ」と呼ばれており、古代から聖地として崇められていました。アイヌ民族にとって死者は単なる故人ではなく、今生きている者たちに対して豊かな知恵や恩恵をもたらした存在として敬われています。

来運神社は明治32年に建てられましたが、今は「いずみの森来運公園」として地元の人々が集まるスポットにもなっています。来運神社の周囲は、整備されていない自然そのままの木々が自由に葉を広げており、参道はスピリチュアルな空気が漂っています。「アイヌの神が宿る」と言われているのも納得のパワースポット。

北海道イチ美味い水だと言う人も!「来運の水」

来運神社の境内には斜里岳の雪解け水が伏流水となって湧いており、これが「来運の水」として人気を集めています。伏流水の水温は一年を通して6℃程度に保たれており、冬でも凍らずいつでも汲むことができるのが特徴です。湧水池の横には水神が祭られており、荘厳な雰囲気が漂っています。

来運の水は、キリンビールから「北海道に流れる名水を守るプロジェクト」として支援対象に選ばれる程の名水です。もちろんその味は格別。湧水池の近くには水を汲むための設備があり、ペットボトルなどを持参すると来運水を持ち帰ることができるのでおすすめです。

来運の水は参拝客専用という訳ではなく、斜里町の水道水として毎日使用されています。しかし新鮮な来運水を汲むためにわざわざ汲みに通っている地元民も多くいます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の知床行き格安航空券

知床でおすすめの記事

知床のアクセスランキング