ベトナムの定番観光名所!英雄が眠るホーチミン廟の観光ガイド

ベトナムの定番観光名所!英雄が眠るホーチミン廟の観光ガイド

ベトナムの首都ハノイには、ベトナム建国の父であるホー・チ・ミンの霊廟「ホーチミン廟」があります。ベトナム観光で欠かせないホーチミン廟では、厳重に警備された荘厳な雰囲気を肌で感じることができますよ。

またホーチミン廟周辺には、ホー・チ・ミンに関わる建造物や博物館など見どころ満載!ホーチミン廟に行くうえで気を付けておくことや、気になる治安問題についてもご紹介します。

ハノイまでは、飛行機でおよそ5~7時間!ハノイ行きの格安航空券で、久しぶりの海外へ出掛けてみませんか?

目次

ベトナムの定番観光名所!英雄が眠るホーチミン廟の観光ガイド

目次を閉じる

ホーチミン廟の基本情報

ホーチミン廟

ホーチミン廟とは、ホー・チ・ミンの亡骸が眠る場所です。建物自体は1973年から1975年にかけて、ベトナム中から集められた自然素材を元に造られました。ホーチミン廟はバーディン広場の奥側にあり、訪れる人が絶えません。

このホーチミン廟に眠っているホー・チ・ミンはベトナム民族解放と独立のために生涯をかけ、今もなお「ベトナム国民の父」として愛されています。そのため観光客はもちろん、ベトナム人も大勢訪れ、参拝者は長蛇の列をなしています。

ホーチミン廟は、ハノイ駅からタクシーで約10分とアクセス良好。
見学情報は以下のとおりです。

■見学時間
【4月~10月】7:30~10:30(土日祝は11:00まで)
【11月~3月】8:00~11:00(土日祝は8:30~11:30)

■休館日
月曜・金曜・祝日(休館日と被る日のみ)
毎年6月15日~8月15日は改修期間
※念のため、お出かけの前に公式ページでご確認ください。

■入場料:無料

ホーチミン廟の見どころ

ホーチミン廟

ホーチミン廟には、ベトナムの英雄ホー・チ・ミンの遺体が収容されています。

1969年に亡くなったホー・チ・ミン主席の遺体は本物です。遺体は生々しいものではなく、腐敗しないよう特別な処置が施され、綺麗なままガラスケースに入れられています。思わず見入ってしまいますが、ここは立ち止まっての鑑賞が禁止されているエリア。歩みを進めながら、その姿を目に焼き付けましょう。

ちなみに、ホー・チ・ミン本人は火葬を望んでいたそうで、遺書には「ベトナム全土に分骨してほしい」と書かれていました。また、「自分の石碑や銅像も作らないでほしい」といった内容も書かれていたのです。

しかし、ベトナムの歴史を語るうえでのみならず、ベトナムの人々にとって重要で崇拝すべき存在であったため、ホーチミン廟に永久保存されることとなりました。

衛兵交代式

ホーチミン廟 衛兵交代式

出典: Jérémy Couture (CC BY 2.0)

衛兵交代式もホーチミン廟の見どころです。

衛兵交代式とは、門番をしている警備員が入れ替わるイベント。足を高くあげて行進している様子は圧巻です。衛兵交代式は1時間に1回行われます。

注意事項、気を付けたいこと

ホーチミン廟

ホーチミン廟への入館時間は季節や曜日によって多少変わりますが、長くても11:30まで。それ以外の時間帯は外観の見学のみとなります。入場は毎日観光客の方で大変混雑しますので、なるべく早い時間から足を運ぶのがおすすめです。

ホーチミン廟への入館前には、軍隊員による厳重なセキュリティチェックがあります。
写真撮影は禁止。バッグの中の荷物を確認され、カメラや携帯も預けます。

また、露出の低い服装が好ましく、タンクトップ・ミニスカート・ショートパンツを着用していると入場できません。サンダルやサングラスも不可。加えて、ホーチミン廟内は私語や立ち止まることが禁止されています。敬意を払って館内をご見学ください。

一柱寺

ホーチミン 一柱寺

ホーチミン廟のある広場から歩いて数分の所に、ホーチミン廟と同じくいつ行っても観光客で賑わっているエリアがあります。

一柱寺は、霊沼池(LienChieu/リンチエウ)から一本の柱で支え建てられている寺院。まるで池から蓮の花が浮き出ているかの想像を掻き立たせるユニークな外観が特徴です。

御堂の中には黄金色の観音像が祀られています。子に恵まれなかった李朝のリー・タイ・トン(李太宗)皇帝が、蓮の花の上で観音菩薩が子を抱いている夢を見てから子供を授かったことから感謝の意を込めて建立したといわれています。

ハノイを代表する建物としても人気が高い一柱寺は、子宝祈願でも注目のスポットですよ。

ホーチミンの家

ハノイ 大統領府

まず最初に、敷地に入るための入場料を支払います。

一際存在感を放つ黄色の美しい洋館は、迎賓館の大統領府(Presidential Palace)。

ハノイ ホーチミンの家(House54)

黄色の建物群は執務室、政治局会議室、実際にホーチミンが暮らしていた家などです。内部も見学可能。別館に展示されているのは、ホーチミンが実際に使用していた3台の車です。

ハノイ ホーチミンの家

池のほとりを歩いていくと、高床式の建物が見えてきます。こちらはホーチミンが晩年に暮らしていた住居で、リゾート地の別荘のような落ち着いた佇まいです。

ホーチミン博物館

ハノイ ホーチミン博物館

ホーチミン博物館はホー・チ・ミン誕生100周年を祈念して1990年5月19日に開館しました。ホー・チ・ミンがベトナムに出生し、革命家として生涯を終えるまでを辿ることができます。直筆原稿や当時身に着けていたものまで、貴重な資料はここでしか見られません。ぜひ革命家ホー・チ・ミンの生涯を覗いてみませんか?

博物館の周辺は広い庭園になっていて、ホーチミンの若かりし頃の銅像が立っています。

◎ハノイの治安状況

ベトナム ハノイ

旅行をするうえで一番気になるのは治安ですよね。ホーチミン廟に関わらず、ハノイの治安は比較的良好です。観光のメインエリアなどは多くの人で賑わっていることから、深夜でも営業しているお店があったりと一人旅でも安心して観光できます。

ただし治安が良いからといって、海外旅行で気を付けなければならない基本は決しておろそかにしてはいけません。観光の際はチャックつきのバッグを使用して斜め掛けするなど、海外での初歩的な事項は必ず守ってください。

また、タクシーに関する被害やトラブルが多くなっています。ホテルのフロント経由でタクシーを呼んでもらうとか、空港では正規のタクシー待機所において配車担当者が案内をしている大手タクシーを利用するようにしましょう。

最後に、どの国にも言えることですが、食べなれないもので食あたりを起こす方もまれにいるようなので、日本から持参した薬を持ち歩くのもおすすめです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ホーチミンでおすすめの記事

ホーチミンのアクセスランキング