石垣島天文台「むりかぶし望遠鏡」で天体観望。4D2Uシアターも見学無料

画像出典:Kazuhisa OTSUBO

石垣島天文台「むりかぶし望遠鏡」で天体観望。4D2Uシアターも見学無料

星空がキレイなことで知られる石垣島に行くなら、石垣島天文台に行ってみませんか?国立天文台の研究施設や、九州・沖縄エリア最大口径の望遠鏡などを一般公開しています。施設見学だけでなく、宇宙を体感できる四次元シアター、天体観望会など、学んで楽しめる天文台。しかも見学、イベントは無料!石垣島天文台の魅力やアクセスなど、詳細情報をご紹介します。

目次

[x] 閉じる

石垣島天文台「むりかぶし望遠鏡」で天体観望。4D2Uシアターも見学無料

1.石垣島天文台とは?

2006年に建設された石垣島天文台は、下記の5つと連携して運営している国立天文台です。

・石垣市
・石垣市教育委員会
・NPO法人八重山星の会
・沖縄県立石垣青少年の家
・琉球大学

黄道が高い特性から、石垣島天文台では惑星や彗星などの太陽系を中心に観測。夏の晴天率が高く大気が安定していて、石垣島は天文台の場所として最適なんです。

さらに石垣島天文台は、国立天文台VERA石垣島局や世界中の天文台とも連携し、あらゆる波長で天体現象の共同観測を行っています。

北緯24度近くにある石垣島は、本土では見られない南十字星を観察できることも大きな魅力!施設内や4D2Uシアターの見学、むりかぶし望遠鏡を使用した天体観望会にも無料で参加できますよ!

2.石垣島の前勢岳山上というロケーション

石垣島天文台は石垣島西部の「前勢岳(まえせだけ)」という山の上にあるため、周囲に邪魔するものがありません!日中には眺望を楽しめて、夜には美しい星空を堪能できます。

出典: ja.wikipedia.org

八重山諸島の石垣島は空気が綺麗で、星空が綺麗に見えるのがメリット。観測できる星が多く、星空がクリアに見えて、天体観測にピッタリです。

3.むりかぶし望遠鏡

石垣島天文台の「むりかぶし望遠鏡」は、九州・沖縄エリア最大の口径105cmを誇る光学赤外線望遠鏡です。天体追尾と観測は、コンピューター自動制御!肉眼では見られない宇宙を鮮明に観察することが可能です。

出典: ja.wikipedia.org

「むりかぶし」という聞きなれない言葉は、沖縄の方言で「スバル星(プレアデス星団)」を意味しています。

ハワイ島の標高4,205mマウナケア山頂に、国立天文台の大型光学赤外線望遠鏡望遠鏡が設置されているのは有名ですよね。この望遠鏡の名前は「すばる望遠鏡」。すばる望遠鏡の口径は820cmと規模では全く敵いませんが、"スバル"という同じ星の名前で親しみがわきます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の石垣島行き格安航空券

石垣島でおすすめの記事

石垣島のアクセスランキング