昭和時代にタイムスリップ!映画の世界を体験できる「二十四の瞳映画村」

画像出典:PJ/PIXTA(ピクスタ)

昭和時代にタイムスリップ!映画の世界を体験できる「二十四の瞳映画村」

とある島を舞台に描かれた小説『二十四の瞳』。その世界を体験できる観光スポットが小豆島にある「二十四の瞳映画村」です。レプリカの校舎や当時の面影を残す映画館、作者・壺井栄の人生を垣間見られる文学館など、ノスタルジックな雰囲気を楽しめるスポットがいっぱい。幼少期を懐かしむ年配の方を中心に高い人気を得ています。それでは「二十四の瞳映画村」の見どころやアクセス情報についてご紹介していきましょう。

目次

[x] 閉じる

昭和時代にタイムスリップ!映画の世界を体験できる「二十四の瞳映画村」

文学作品『二十四の瞳』について

出典: toitoi/PIXTA(ピクスタ)

『二十四の瞳』は、1952年に小豆島出身の小説家・壺井栄が発表した長編小説です。戦前の1928年から戦後の1946年までの18年間をリアルに描いたこの作品。主人公は「瀬戸内海べりの一寒村」に赴任してきた女教師で、その年に入学した12人の生徒たちとの日々が描かれています。

1954年に初めて映画化されると、その33年後にはリメイク版が公開。テレビドラマは計7回にわたって制作・放送されているほか、1980年にはアニメ化もされています。

戦争により生活が変わっていく辛さや大切な人が亡くなる悲しさ、戦争へと泣く泣く送り出さなくてはならない切なさなど、戦争中の辛さがわかりやすく描かれており、小説発表から60年以上経った今もなお形を変えて語り継がれているのです。

絣(かすり)着物を着て撮影用セットを巡ろう

1987年に映画のロケセットとして建築された「苗羽(のうま)小学校」。中には主人公・大石先生の自転車や映画撮影に使われていたカメラ、実際に使用された小道具や写真の数々が展示されており、まるで映画の撮影が行われているような光景が広がっています。

ノスタルジックな雰囲気をより楽しみたい方は、1着500円でレンタルできる絣の着物を身に着けて観光してみましょう。校舎内では自由に写真撮影ができるので、授業を受けている風景を写真に収めるなどして『二十四の瞳』にどっぷり浸かってみると良いですよ。
(※情報は2019年11月現在のものです。)

「ギャラリー松竹座」で映画鑑賞

「ギャラリー松竹座」は、昭和30年代の映画館の雰囲気を体感できる観光スポット。館内の壁には往年のスターのブロマイドが所狭しと飾られているほか、レトロな切符売り場が再現されており当時を知る人にとっては懐かしい空間となっています。

映画館は40席ほどあり、1954年に公開された映画『二十四の瞳』が常時上映中。実際に作品を鑑賞すれば、二十四の瞳映画村をより楽しめること必至です。作品を一度も観たことがないという方は、ぜひ時間をあわせて訪れてみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

小豆島町でおすすめの記事

小豆島町のアクセスランキング