伊豆に来たらぜひ訪れたい!紅葉の名所「河津七滝」の見どころ

画像出典:ハッシブ2世/PIXTA(ピクスタ)

伊豆に来たらぜひ訪れたい!紅葉の名所「河津七滝」の見どころ

伊豆の天城山エリアを代表する景勝地「河津七滝」には、その名の通りバラエティに富んだ大小7つの滝があります。春は新緑、夏は避暑地、秋は紅葉、冬は河津桜と年間を通して観光を楽しめることで有名。ちなみに、「滝」を「たる」と読むのはこの地域特有のものなのだとか。かつて滝を「垂水(たるみ)」と呼んでいたことに由来しています。それでは、見どころ満載な河津七滝の観光情報についてご紹介していきましょう。

目次

伊豆に来たらぜひ訪れたい!紅葉の名所「河津七滝」の見どころ

目次を閉じる

河津七滝(かわづななだる)とは?

出典: sara_winter

伊豆半島の南東部を流れる総延長9.5kmの河津川。その河津川に点在する7つの滝の総称が「河津七滝」です。伊豆半島最大規模を誇る「大滝」をはじめ、「出合滝」「カニ滝」「初景滝」「蛇滝」「エビ滝)」「釜滝」の7つの滝で構成されています。

この7つの滝はおよそ2万5000年前の火山活動によって造られたもので、溶岩が冷え固まる際に形成される柱状の割れ目「柱状節理(ちゅうじょうせつり)」をあちらこちらで見ることができます。2018年にユネスコの世界ジオパークに認定された「伊豆半島ジオパーク」の一部でもあるので、ぜひ足を運んでみましょう。

出典: pepper/PIXTA(ピクスタ)

周辺には7つの滝を結ぶ約850mの遊歩道が整備されており、気軽に滝巡りを楽しめるのがうれしいところ。川端康成の小説『伊豆の踊子』の舞台にもなっているほか、名物の河津桜や河津七滝温泉があることから年中たくさんの観光客で賑わっています。

最大の高さを誇る「大滝(おおだる)」

出典: カメさん/PIXTA(ピクスタ)

7つの滝の中で最も大きな「大滝」は、温泉旅館「天城荘(あまぎそう)」の敷地内にあります。高さ約30m・幅約7mの大きな滝で、垂直に伸びる岩壁から一気に水が流れ落ちる様子は迫力満点。映画『テルマエ・ロマエ』のロケ地となったことでも知られています。

2011年に静岡県を直撃した台風によって遊歩道が壊れ、復旧を巡り地主と町役場が対立したため長らく一般通行が禁止されていましたが、2017年に和解し新たな遊歩道を整備。再び大滝を無料で見学できるようになりました。

出典: RyuGon/PIXTA(ピクスタ)

天城荘には、大滝を間近で眺めながら温泉に浸かれる「滝見(たきみ)の湯」もあるのでぜひ足を運んでみましょう。

「初景滝(しょけいだる)」と紅葉のコラボは必見

出典: hiro0513/PIXTA(ピクスタ)

高さ約10m・幅約7mの「初景滝」は、7つの滝の中で3番目の大きさを誇ります。滝の前には小説『伊豆の踊子』にちなんで建てられたブロンズ像「踊子とわたし」があり、フォトスポットとして大人気。11月下旬頃になると周辺のカエデが色づき始め、紅葉の名所として賑わいます。

毎年紅葉の時期には、初景滝をメイン会場とする「河津滝まつり」が開催されます。河津七滝の絶景やご当地グルメを丸ごと楽しめるこのイベント。名物のわさびをたっぷりのせた「泣きべそ餅」や滝酒、猪汁などが格安で振る舞われることから、地元民のみならず観光客にも絶大な人気を得ています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

伊豆でおすすめの記事

伊豆のアクセスランキング