広島市の観光スポット13選!水の都は朝から夜まで楽しみがいっぱい

画像出典:gandhi / PIXTA(ピクスタ)

広島市は広島県の都市に辺り中国・四国地方でも一番の人口を誇る市です。市内には6本の川が流れていることから水の都とも呼ばれています。広島は毛利家、福島家、浅野家の城下町として栄え、西国一の賑わいを見せた場所でもあります。昭和20年8月6日原爆の被害を受けましたが、復興が進んでおり元の活気を取り戻しています。

今でも8月6日なると平和祈念資料館には年間120万人もの人が訪れます。原爆ドームは世界遺産としても認定され、広島市の町を歩いていると当時の悲惨さを目で見て感じることができます。

古くから日本の要衝としての歴史を持つ広島市。そんな広島市の観光スポット13選を一挙にご紹介します!

[x] 閉じる

広島市の観光スポット13選!水の都は朝から夜まで楽しみがいっぱい:目次

1. 戦争について学ぶ「広島平和記念資料館」

出典: ふくいのりすけ / PIXTA(ピクスタ)

広島市を観光するのであればここは外せません。原爆や戦争について改めて考えさせられる場所です。なぜ、広島に原爆が投下されたのか、戦争の時の広島の様子を写真や立体的な模型で再現しています。

私達が思い描いていた以上に広島の原爆の歴史は残酷です。原爆の投下からどうやって広島が今の素敵な街になったのか、広島の歩みを知るなら広島平和記念資料館です。少しリアルな表現が多いので苦手な方もいるかもしれません。ですが広島原爆について学んでから広島市の町を歩くと、ここがその場所なんだなと重ねてみる事ができます。

広島平和記念資料館はわが国の戦後建築物としては初めて国の重要文化財に指定されました。その外観も目で見て楽しんでくださいね。

2. 原爆の傷跡を残す「原爆ドーム」

出典: m-louis .®

チェコ人の建築家ヤン・レツル氏の設計で1915年に開館され、昭和20年8月6日には爆心地からたったの160mの至近距離で原爆の被害に合いました。ほぼ真上からの爆風だった為に壁の一部は崩壊を免れたそうで原爆当時の姿を今に残しています。原爆ドームは窓が多い設計になっているので、凄まじい爆風を浴びても現状を保ち続けることができたとされています。

当時のあれだけの熱風でもその姿を今も残している原爆ドームは1992年に世界文遺産に登録されました。また、近年になって壁の一部が耐震に弱いとされ現存させたまま補強工事を行うことになっています。また、原爆ドームは夜になるとライトアップされます。遠くから見ても原爆ドームを見ることが出来るのですが、昼間とはまた違った雰囲気で当時の風景をより現実的に思い起こさせます。

原爆ドームの横には川が流れていて、川べりでご飯を楽しんだり、カフェを楽しんだりする場所もあります。広島平和記念資料館と合わせて観光してみてくださいね。歴史について学ぶ場合は、まず広島平和記念資料館にいって戦争や原爆について学んでから原爆ドーム行くのをおすすめします。

3. 優美な姿を残す「広島城」

出典: m-louis .®

毛利輝元築城の城として天正17年に造られました。優美なお城として知られていましたが原爆の投下により天守閣は全てが無くなりました。現在の広島城は復元されたものです。昔のままを残しているお城と比較すると何だか物足りなさを感じてしまうところもありますが、広島城には独特の味があってとても魅力的。以前は鯉城と呼ばれ、綺麗なお城として有名でした。

1階は鎧や着物を無料で着ることができるので写真撮影ができます。屋上からは広島県を一望することができるので、中々の絶景です。復元された天守閣は博物館になっていて有料ですが、見る価値は存分にあり。歴史ファンにとってはたまらない空間でしょう。

お城のお堀の周りをゆっくりお散歩することもできるので天気のいい日に訪れるのがおすすめ。周りは木々に囲まれているのでのんびりとした癒しの時間を感じることができます。広島城は少し小さめの天守閣なので少しイメージが違う人もいるかもしれません。近年は外国人の観光客も増え、広島城に来ているのをよく見かけます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

広島市でおすすめの記事

広島市のアクセスランキング