チェコ共和国の首都プラハで楽しむアート&絶景スポット!

チェコ共和国の首都プラハで楽しむアート&絶景スポット!

GoToキャンペーンバナー

中央ヨーロッパに位置する小さな国「チェコ共和国」。チェコの首都プラハは美しい古い街並みもさることながら、アートにあふれた刺激的な街でもあるんです。近年は日本でもユニークで手作り感あふれるチェコアニメーションが話題になりましたね。またアールヌーヴォー期のパリで活躍した画家・デザイナーのアルフォンソ・ミュシャもチェコの出身なんですよ。ここではプラハのアートなスポットと絶景スポットをご紹介しましょう。

目次

チェコ共和国の首都プラハで楽しむアート&絶景スポット!

目次を閉じる

プラハの街はミュージアムの宝庫

決して広大な広さではないプラハの街ですが、その中に大小さまざまなミュージアムが点在しています。記事で紹介している「ミュシャ(ムハ)美術館」をはじめ、現代アート「DOX Centre for Contemporary Art」・写真「Historic photo portrait studio」「Leica Gallery Prague」・トリックアート「IAM Prague」など、どれも個性的でバラエティーに富んだ内容。ミュージアムによってはタイミングによって展示内容全体が一変している場合もあるので、予め現在何を展示しているのかを調べてから訪れるのがオススメですよ。

プラハ城の聖ヴィート大聖堂

プラハのシンボルといえるプラハ城。高台の上にあり、プラハ中からその姿を垣間見ることができます。そんなプラハ城自体見どころがたくさんあるのですが、城内にある聖ヴィート大聖堂は特に訪れてほしいアートスポット。荘厳なバロック様式の大聖堂の内部は、さまざまなステンドグラスが飾られているんです。チェコ出身の画家ミュシャの手によるステンドグラスもあり、彼らしいデザインと色彩の世界がステンドグラスでも見事に再現されていることに驚きます。中央にはチェコの守護聖人・聖ヴァーツラフの姿が赤い服を着た少年の姿で描かれていますが、ミュシャの息子がモデルになっているといわれているんですよ。

ミュシャ(ムハ)美術館

チェコを代表するアーティスト、アルフォンソ・ミュシャの貴重な原画や資料を展示している「ミュシャ(ムハ)美術館」。町の美術館といった雰囲気で、展示されている作品数もそこまで多くはありません。しかし少しでもミュシャに興味があるのなら、訪れる価値のあるアートスポットといえるでしょう。オリジナルのポスターや直筆の原画には部分的にラメ入りの絵の具が使われていたり、デッサンなどではその緻密な筆跡を確認できます。写真集などでは決してわからない本物の質感を間近に鑑賞することができますよ。1895年パリでの成功を掴むきっかけとなった、大女優のサラ・ベルナール主演の舞台「ジスモンダ」の当時のポスターもあります。そのほか聖ヴィート大聖堂に飾られてるステンドグラスのための習作など、極めて貴重な資料が目白押しです。ミュージアムショップも充実しているので、ここでお土産を探すのもオススメですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

プラハでおすすめの記事

プラハのアクセスランキング