長崎県で何食べる?おすすめのB級グルメ・郷土料理はこれ!

画像出典:cozy / PIXTA(ピクスタ)

長崎県は異国情緒豊かな街で有名です。日本が鎖国をしていた江戸時代、長崎県は唯一海外との交流ができる窓口だったため、料理にも様々な国の名物を取り入れています。中華やオランダ、ポルトガルなど融合したB級グルメや郷土料理が盛りだくさん!今回は長崎県のおすすめB級グルメと郷土料理を紹介します。長崎観光をお考えの方はぜひチェックしてみてくださいね。

[x] 閉じる

長崎県で何食べる?おすすめのB級グルメ・郷土料理はこれ!:目次

1. 長崎グルメの定番!「ちゃんぽん」

出典: Skylight / PIXTA(ピクスタ)

長崎グルメの定番「ちゃんぽん」は、今やチェーン店が全国展開しているほど、多くの人々から浸透されています。中国・福建省出身の料理人によって生み出された麺料理で、濃厚なスープに歯応え抜群な具の数々、そしてもっちりした太めの麺は絶品です。お店によってアレンジの仕方が異なりますが、多くのお店ではシイタケやかまぼこ、もやしやネギなどがたっぷり入っていますよ。

鶏ガラ・豚骨を熟したスープも、辛口からあっさりめの味などバリエーション豊富です。ちゃんぽんの発祥地で味わいたいなら、長崎新地中華街にある「四海樓」に足を運んでみましょう。また、長崎市だけではなく、アゴの出汁と鶏ガラスープが効いた「平戸ちゃんぽん」や、あっさりめの出汁と最後に卵をのせるのが主流な「小浜ちゃんぽん」もあります。王道を貫くのもよし、地元ならではの味を楽しむのもアリですね。

2. 大好きな洋食メニューが勢揃い!「トルコライス」

出典: Key West / PIXTA(ピクスタ)

「トルコライス」と聞いて、てっきり「トルコの郷土料理かな?」と疑問に思う方もいるでしょう。しかし、正体はトルコの郷土料理ではありません。ナポリタンやピラフ、トンカツやオムレツなどの人気メニューが、一つのプレートに詰まっている魅惑の長崎グルメです!「大人のお子さまランチ」と言われているほど、子供から大人まで幅広い世代の人々から親しまれています。

お店によって入っているメニューが異なりますが、長崎市内にある洋食レストラン「ニッキー アースティン」では、自分で好きなメニューを選んでカスタマイズすることができるんですよ。味も美味しいと好評なので、ぜひ試してくださいね。ガッツリ食事したい方におすすめしたい、長崎の人気グルメです。

3. ステーキなのに柔らかい?「レモンステーキ」

出典: macha / PIXTA(ピクスタ)

長崎第二の都市と言われている佐世保市には、「レモンステーキ」と言うご当地B級グルメがあります。その名の通り、ステーキにレモン汁をかけていただくのですが、ステーキは薄切りサイズなので食べやすいです。イメージとしては少し焼肉に近いかもしれません。醤油ベースのソースとレモン汁のかかった柔らかいお肉は、ご飯との相性抜群!あっという間に完食してしまうほど美味しいですよ。

佐世保市内にはレモンステーキが味わえるお店がたくさんあります。発祥店と言われている「レストラン 門」や人気店の「レモンドレイモンド」がおすすめです。また、佐世保の人気観光スポット・ハウステンボスではステーキハウス「ロード・レーウ」で味わえます。観光の際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

4. ハンバーガーの聖地で食べ比べできる「佐世保バーガー」

出典: Jin Yee / PIXTA(ピクスタ)

長崎のご当地バーガーと言えば「佐世保バーガー」が人気です。佐世保市はアメリカ軍基地があり、アメリカ文化によく影響されていました。日本で最初に誕生したハンバーガーとして知られ、アメリカらしさを感じるボリューミーな一品に仕上がっています。調理方法は全て手作りで、「注文を受けてから作りはじめる」と言うこだわりも魅力的です。常に出来立てホヤホヤのハンバーガーが食べられるんですよ!

佐世保バーガーの中身は統一していないのも特徴です。ベーコンエッグバーガーが一般的ですが、ステーキバーガーやチキンバーガーなどお店によって異なります。食べ比べをしてみるのも面白いでしょう。佐世保市内には多くのハンバーガーショップが点在。お店はアメリカンな雰囲気があってオシャレですよ。

おすすめのお店は日本で初めてベーコンエッグバーガーを提供した「佐世保バーガー ビッグマン」や、お肉屋が提供するステーキバーガーが絶品の「バーガーショップあいかわ」、佐世保駅からアクセス便利な人気店「ログキット 佐世保本店」です。

5. 知る人ぞ知る長崎の郷土料理「具雑煮」

出典: shizuku / PIXTA(ピクスタ)

「具雑煮」は島原地方で食べているお雑煮です。歴史は江戸時代にまでさかのぼります。島原の乱で天草四郎が多くの兵士たちに提供したことがきっかけです。その際に多くの具を集め、煮ていたことから由来しています。家庭ではお正月やお祝いの時によく食べていますが、年間通じて味わえるお店もありますよ。人気店は「元祖姫松屋本店」や「銀座食堂」です。お昼や休日になると混雑することもあるんだとか。

具は丸い白餅をはじめ、白菜やシイタケ、かまぼこやニンジンなど野菜もたっぷり入っているので、ボリュームも栄養も満点!他にも鶏肉や焼きアナゴも入っているんですよ。気になる出汁は、かつおだしと醤油を使っています。あっさりした味わいで美味しいです。

6. パリっとした細麺がクセになる「皿うどん」

出典: ゴスペル / PIXTA(ピクスタ)

ちゃんぽんと並び長崎二大グルメとして知られている「皿うどん」。細麺と太麺の2種類ある、人気の長崎グルメです。細麺の方が全国的にも有名で、パリっとした食感がクセになります。野菜や魚介類がたっぷりのった具の下には、かた焼きそばの麺が入っていて、このパリっとした食感が餡や具とよく合うんです。さらにアクセントが欲しい方はお酢やウスターソースをかけてみるといいでしょう。

その一方で、太麺は焼うどんに似ています。細麺の餡はとろっとしているのですが、太麺は炒めた野菜がのっていますよ。塩気がしっかり効いているため、箸が止まりません。長崎新地中華街にある「江山楼 中華街本店」は、具に肉団子やフカヒレなど入っていて人気を呼んでいます。細麺・太麺両方食べることができるので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

7. 長崎を代表する豪華な郷土料理!「卓袱料理」

出典: sachinyan / PIXTA(ピクスタ)

「卓袱(しっぽく)料理」は長崎県を代表する郷土料理です。旅館で出てきそうな豪華な料理の数々に、圧倒されるでしょう。円卓の上には中華料理や西欧の料理、そして和食が一同に集結しています。大人数で取り分けながら食事をする形式で、地元ではお祝いなどの宴会でよく出されているでそうです。もちろん卓袱料理が味わえるお店もあるので、観光の際にも堪能することができますよ。

気になる料理は山・海の幸を使ったお吸い物や刺身、煮物をはじめ、長崎市の人気グルメ「豚の角煮」や「ハトシ」があります。さらに浜焼きやてんぷら、お汁粉や水菓子の甘味などもあって豪華です。そんな卓袱料理は料亭や和食レストランなどで味わえます。なお、他のグルメより値段が高めなので注意が必要です。お手頃価格で味わいたなら「長崎しっぽく浜勝 長崎本店」がおすすめですよ。

最後に:長崎スイーツもセットで堪能しよう!

出典: あしゅりー / PIXTA(ピクスタ)

多国籍なグルメが盛りだくさんの長崎県。もちろんスイーツも外せません。定番中の定番「カステラ」はお土産にもできる王道のケーキ菓子。「カステラアイス」や「カステラサイダー」など、長崎ならではのものもありますよ。また、カステラと並ぶ二大長崎スイーツと言われているのか「ミルクセーキ」。ミルクの甘さが効いたシャーベット状のひんやりスイーツです。ひんやりスイーツなら「チリンチリンアイス」も必見です。長崎新地中華街に訪れるなら、「マファール」や「月餅」などの中華菓子もいいでしょう。長崎に旅行をお考えの方は、観光地を周りつつも長崎のご当地グルメの食べ歩きで食もご堪能することを忘れずに!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

長崎でおすすめの記事

長崎のアクセスランキング