仙台市街の桜の名所!榴岡公園のおすすめポイントをご紹介します

画像出典:shigeaki / PIXTA(ピクスタ)

「榴岡(つつじがおか)公園」は、仙台駅の東側にある丘の上の公園です。江戸時代から桜の名所として知られ、春には多くの花見客で賑わいます。もちろん桜の季節以外も、仙台市民の憩いの公園として親しまれています。榴岡公園の周辺には、民俗資料館やプロ野球チームのホーム球場などもあり、駅近の隠れた観光スポットとしても便利!今回は、そんな榴岡公園の見どころをご紹介します。

[x] 閉じる

仙台市街の桜の名所!榴岡公園のおすすめポイントをご紹介します:目次

1. 榴岡公園の歴史

出典: kitahara 6 / PIXTA(ピクスタ)

榴岡やその周辺の宮城野は、古くから歌枕として知られていました。江戸時代初期の元禄8年(1695)、仙台藩4代藩主伊達綱村がシダレザクラやマツ、カエデなどを植樹し、庶民にも開放したのが榴岡公園のはじまりとされています。

明治維新後には陸軍の兵営が置かれ、太平洋戦争後は駐留米軍のキャンプとなりました。桜も多くが枯死して一時は廃れてしまいましたが、昭和50年代に再整備が進展。今では約360本の桜木に覆われたのどかな都市公園となっています。

2. 江戸時代から続く桜の名所!

出典: shigeaki / PIXTA(ピクスタ)

榴岡公園は先述のとおり、江戸時代から続く桜の名所で、現在では仙台を代表するお花見スポットとなっています。とくにシダレザクラが多いのが特徴で、伊達綱村が植えたものとされる一重咲きの「仙台枝垂桜」や、八重咲きの「八重紅枝垂」は見どころです。

桜のシーズンには毎年「桜まつり」を開催され、ステージイベントや野外コンサートなども行われます。さらには地酒やワインなどの飲み比べ、美味しいものの屋台なども立ち並び、地元の人や観光客で賑わいます。

3. 仙台の受験生で賑わう「榴岡天満宮」

出典: chaprin-y / PIXTA(ピクスタ)

榴岡公園の西側にある「榴岡天満宮」は、仙台の学問の神様として知られています。寛文7年(1667)に3代藩主伊達綱宗によって創建され、松尾芭蕉も参詣に訪れました。

冬のシーズンには多くの受験生で賑わう榴岡天満宮。合格守や合格絵馬はもちろん、近年は絢爛な装丁の御朱印帳も人気です。

また榴岡天満宮を参拝する際は「撫で牛」も要チェック!天神さまこと菅原道真は牛との関わりが深いとされ、この撫で牛が神使として、道真公と参拝者を結びつけると考えられています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

仙台でおすすめの記事

仙台のアクセスランキング