日本初の女子修道院「トラピスチヌ修道院」で祈りとミサの世界観を感じよう

画像出典:空  / PIXTA(ピクスタ)

日本初の女子修道院「トラピスチヌ修道院」で祈りとミサの世界観を感じよう

目次

日本初の女子修道院「トラピスチヌ修道院」で祈りとミサの世界観を感じよう

目次を閉じる

4.トラピスチヌ修道院に入ってみよう

トラピスチヌ修道院は、開館時間を設けて敷地内の庭園や資料室を一般開放しています。ただし、一般的な観光スポットではなく厳粛な”祈りの場”であることを忘れずに、静かに見学させてもらいましょう。

出典: 空  / PIXTA(ピクスタ)

門を入ると、「大天使聖ミカエル像」が迎えてくれます。ミカエル像右奥の建物「天使園」は、売店と資料館。ここには修道院の歴史や修道女たちの生活の様子を伝える資料が展示してあり、修道女たちが手作りしたお菓子などを販売しています。

ミカエル像の奥に見える純白の像は、両手を広げすべての人を優しく迎え入れてくれる「慈しみの聖母マリア像」。そして、庭園の向こうに鐘楼がそびえるレンガ造りの建物が、トラピスチヌ修道院の中心部。左側は司祭館、右側が修道女たちが日々生活をし、祈りを捧げている聖堂です。

出典: 空  / PIXTA(ピクスタ)

天使園の向かい側にある12角形の屋根が特徴的な聖堂は「旅人の聖堂」と呼ばれ、瞑想したり、巡礼に訪れた人がお祈りを捧げたりすることができます。

5.美しい庭園と景色

出典: ja.wikipedia.org

トラピスチヌ修道院を見学する上で注目したいのが、手入れの行き届いた美しい庭園です。

出典: lalala / PIXTA(ピクスタ)

緑の多い庭園には、南フランス・ルルドの洞窟を模して造られた「ルルド」や、純白の聖母像「慈しみの聖母マリア」、フランスから贈られた「大天使聖ミカエルの像」「聖テレジアの像」「ジャンヌ・ダルクの像」などが点在。とても神聖な雰囲気に包まれています。

春には桜の花が庭園を美しく彩り、夏には豊かな緑があふれ、冬には白い雪景色で一層凛とした雰囲気となり、四季を通して景色を楽しめます。

6.売店:おすすめのお土産

売店「天使園」では、修道女たち手作りのマダレナ(マドレーヌ)やガレット、クッキーなどフランス風のお菓子をお土産に購入することができます。昔ながらの製法で手作りされたお菓子は添加物等を一切使用しない身体に優しいおやつ。他のお土産店には売っていないトラピスチヌ修道院限定のお土産なので、訪れた際にはぜひゲットしてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の函館行き格安航空券

函館でおすすめの記事

函館のアクセスランキング