バーリー・グリフィン湖を観光しつつ、オーストラリアの首都キャンベラを楽しむ

画像出典:Taras Vyshnya

バーリー・グリフィン湖を観光しつつ、オーストラリアの首都キャンベラを楽しむ

キャンベラの中央部に位置するバーリー・グリフィン湖は、遊歩道やサイクリングロードが整備された市民の憩いの場。そしてオーストラリアの政治・文化・教育・司法の中心地です。国会議事堂や国立博物館など、重要で多彩な施設は湖畔に集中していて、そのほとんどが無料で見学可能なんですよ。そんなキャンベラ、バーリー・グリフィン湖の観光ポイント、回り方に迫ります。

目次

バーリー・グリフィン湖を観光しつつ、オーストラリアの首都キャンベラを楽しむ

目次を閉じる

1.オーストラリアの首都「キャンベラ」の秘密

オーストラリアは大都市のシドニーやメルボルンが有名なので、首都が「キャンベラ」であることはあまり知られていません。ではなぜ、シドニーやメルボルンでなく、キャンベラがオーストラリアの首都になったのでしょう?キャンベラの歴史と魅力にふれながら、その理由を紐解いていきます。

首都キャンベラは、オーストラリアで8番目に人口が多い都市。小さな「オーストラリア首都特別地域」にあり、6州には含まれていません。

オーストラリア首都特別地域(Australian Capital Territory)は頭字語から、通称「ACT」。ACTの面積は神奈川県より狭く、ニューサウスウェールズ州の中にあります。

出典: 寄稿者: Taras Vyshnya

1901年、イギリスが独立を承認して「オーストラリア連邦」がついに誕生。しかし首都制定をめぐっては、二大都市のシドニーとメルボルンが争うこととなり、なんとその結果、首都はシドニーとメルボルンのほぼ中間地点に建設されることが決定したのです。

このような経緯から、キャンベラは計画都市として設計され、誕生しました。

2.バーリー・グリフィン湖とは?

出典: ALEX / PIXTA(ピクスタ)

キャンベラの都市計画に基づき、モロングロ川をせき止めて造った人工湖が「バーリー・グリフィン湖(Lake Burley Griffin)」です。キャンベラの街を設計したアメリカ合衆国の建築家ウォルター・バーリー・グリフィン氏の名前を冠して、バーリー・グリフィン湖と名付けられました。

キャンベラはこのバーリー・グリフィン湖を中心につくられていて、湖の北にシティ・ヒル、南にキャピタル・ヒルがあります。

湖畔には国会議事堂や連邦最高裁判所(オーストラリア高等裁判所)など、連邦政府の中枢機関が集結。

出典: Thennicke (CC BY-SA 4.0)

オーストラリア国立博物館やオーストラリア戦争記念館などの文化施設、オーストラリア国立大学や王立軍事大学など教育・国防機関も集中しています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

キャンベラでおすすめの記事

キャンベラのアクセスランキング