沖縄のおすすめホテル8選|南国気分を心ゆくまで満喫できるホテルを紹介

日本の南国リゾート、沖縄県で特におすすめのホテルを8軒紹介します。沖縄といえば素敵なビーチリゾートが多々ありますが、沖縄本土はもちろん、周辺の島しょにも個性的なリゾートが多数点在しています。今回はそうした島々からも人気のホテルをピックアップしているので、沖縄の離島はまだ未経験という方もしっかりチェックしてみましょう。リゾートと聞くと高額な宿泊料を心配する方もいると思いますが、今回は比較的リーズナブルなホテルも選んであります。臆せず沖縄の旅行プランに組み込んで検討してみてください。

[x] 閉じる

沖縄のおすすめホテル8選|南国気分を心ゆくまで満喫できるホテルを紹介:目次

飛行機で直行できる離島のホテルが人気

観光客が多い沖縄本島は那覇市をはじめ、観光エリアを中心にホテルがたくさんあります。他にも、石垣島や宮古島といった人気の離島もホテルがたくさんあるので、極端な混雑期でなければ宿泊に困ることはないでしょう。

石垣島/久米島/宮古島/下地・伊良部島の人気4島は、東京や大阪、名古屋や福岡から飛行機で直行できる場合もあります。移動に時間をかけたくない人は上記4島でリゾートホテルを検索するといいでしょう。

1. ロワジール・スパタワー那覇

那覇市で唯一客室で天然温泉が楽しめるホテル「ロワジール スパタワー 那覇」。アクセスは那覇空港からうみそらトンネル経由して車で約7分、国際通りやモノレール旭橋駅までは徒歩圏内に位置し、便利な立地にあります。

客室は全部で89あり、全室プライベートバルコニー付きの贅沢なお部屋です。タイプはスパデラックスツイン・デラックスツイン・スーペリアツインの3種類があります。スパデラックスツインのお部屋ではいつでも天然温泉を楽しめるビューバスが完備され、旅の疲れを癒すことができます。

室内設備とアメニティは充実しており、オーガニック原料を使用したアメニティは女性に大人気です。館内に併設されている温泉では、三重城温泉「海人の湯」を楽しむことができます。沖縄では希少な天然温泉を贅沢にご堪能ください。

2. サイプレス・リゾート久米島

自然豊かな離島・久米島に位置する「サイプレス リゾート久米島」。那覇空港から琉球エアーコミューターでわずが約30分で到着します。最寄り空港の久米島空港からはシャトルバスで約3分で到着。沖縄本島から少し離れているイメージの久米島ですが、思ったよりも近く身近な観光地です。

客室は全部で84あり、タイプは6種類あります。1名から4名まで宿泊可能な部屋が選べるので、様々なお客様のニーズに応えることができ、オーシャンビューが望める部屋やバリアフリー対応の部屋もあります。

各室無料のWi-Fiやテレビ、冷蔵庫など室内設備も充実しています。アメニティも豊富で安心ですね。レストランでは、地元久米島の食材をふんだんに使った創作料理を堪能できます。和の技法とフランス料理の技を活かしたシェフのおすすめ料理はどれも絶品です。

3. ザ・ブセナテラス(名護)

名護市に位置するリゾートホテル「ザ・ブセナテラス」。那覇空港から車で約90分の位置にあります。空港からはレンタカーあるいはリムジンバス、路線バスをご利用いただけますが、ホテルからハイヤーの手配を行うこともできます。台数に限りがあり事前の予約が必要なので、沖縄でラグジュアリーな滞在をしたい方にはおすすめです。

客室は全部で410ととても大きなホテルです。フロアごとに部屋のタイプが分かれており、フロアは全部で3フロア、タイプは全部で13あります。お客様にニーズに合わせた客室をお選び下さい。各部屋にはプライベートバルコニーもあり、ウェルカムドリンクや24時間のバトラーサービスなど特別なサービスもあるので、沖縄で贅沢なステイをしたい方におすすめです。

ザ・ブセナテラスでは様々なアクティビティ用意されているので、沖縄での滞在の思い出作りのひとつとしていかがでしょうか。クルージングやツアーなどといったリラックスできるものから、体を動かすフィールドプログラムもありますよ。

4. ケラマビーチホテル(慶良間諸島・座間味島)

座間味島に位置する「ケラマビーチホテル」。沖縄本島から座間味島へのアクセス方法は、那覇の泊港からフェリーで移動します。高速船「クイーンざまみ」だと約50~70分、カーフェリー「フェリーざまみ」だと約120分要します。そして座間味港からホテルまでは送迎バスで約10分で到着します。

客室は全部で30あり、タイプはツインルーム・トリプルルーム・メゾネットルームの3種類です。室内にはテレビや冷蔵庫、ドライヤーといった設備が完備されており、アメニティも豊富に取り揃えてあり、無料のWi-Fiも利用できます。

ケラマビーチホテルでは、座間味島の自然に触れることのできる様々なアクティビティを体験できます。初心者でも楽しめる船釣りツアーやホエールウォッチング、シュノーケリングといった海のプログラムを中心に多様なメニューがありますよ。

5. ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート(恩納村)

景勝地「万座毛」を望むことのできる「ANA インターコンチネンタル万座ビーチリゾート」は、まるで海の上に浮かんでいるかのような立地で、周りを木々や海に囲まれています。

那覇空港からは車で約80分、沖縄自動車道利用で約50分の位置にあります。人気の恩納村エリアにあり、周辺に観光スポットも多いです。美ら海水族館や那覇市の主要観光スポットまでも車で1時間圏内と、観光の滞在にピッタリです。

客室は全部で400あります。部屋タイプはスタンダードな「ルーム」シリーズに4種類、「クラブインターコンチネンタル」シリーズに2種類、「スイート」シリーズに2種類と全部で8種類あります。少人数での滞在からファミリー、友達同士での宿泊など様々なニーズにお応えできます。

館内施設も充実しており、レストランやバーはなんと11店舗。迷ってしまうほどの豊富さで、ホテルのなかでも退屈しません。また、ホテルの外に出たい方はアクティビティメニューもおすすめですよ。

6. アイランドホテル与那国(与那国島)

日本の最西端の島・与那国島に位置する「アイランドホテル与那国」。那覇空港から与那国空港までは琉球エアーコミューターで約1時間30分、空港からホテルまでは無料送迎サービスが利用でき、約3分で到着します。また、石垣島までは琉球エアーコミューター琉球エアーコミューターで約30分で行くことが可能です。

客室は全部で70あり、タイプはツインルーム・トリプルルーム・デラックスルーム・バリアフリールームの4種類。1名様利用から最大で4名まで宿泊可能なので、カップルからファミリー、お友達同士まで幅広くご利用いただけます。全室で無料のWi-Fiが接続でき、テレビや冷蔵庫、ドライヤーといった設備も完備されています。

与那国島には様々な観光スポットがあり、一日退屈することがありません。ビーチでのんびりするのも良し、島中心部の山を散策するのも良し。多様な遊び方ができる与那国島での滞在におすすめのホテルです。

7. 石垣島ビーチホテルサンシャイン

石垣島に位置する「石垣島ビーチホテルサンシャイン」。那覇空港から新石垣空港までは約60分、新石垣空港からホテルは車で約30分の場所にありタクシー・レンタカー・路線バス利用でのアクセスになります。

客室は全部で114あり、本館と新館に分かれています。本館ではデラックス・スーペリア・スタンダードの3種類、新館ではオーシャンガーデン「風」・オーシャンガーデン「浮舟」・ビューバスコンフォートの3種類があります。それぞれのお部屋でオーシャンビュー・オーシャンフロント・グリーンビューを楽しむことができます。

館内施設は大変充実しており、3種類のレストランに宴会場、目の前に青い海を望むことのできるインフィニティプール、大浴場の完備されています。透き通った海で楽しめるビーチアクティビティも多数取り揃えているので、せっかく石垣島にきたのであれば、海でのプログラムを楽しみたいですね。

8. ハナムロ・インターアイランダー’sホテル(慶良間諸島・阿賀島)

阿嘉島に位置する「ハナムロ・インターアイランダー’sホテル」。沖縄本島からのアクセスは、まず泊港から座間味港に航路で移動します。高速船だと約50分~70分、フェリーだと約90~120分要します。その後座間味港から村内航路で約15分で阿嘉島に到着です。阿嘉島からホテルまでは徒歩約5分の好立地です。

客室は全部で7あり、タイプはスーペリアルーム・スタンダードルームの2種類。それぞれの部屋にベランダが付いています。室内では無料のWi-Fiをご利用いただけるほか、共用設備として湯沸かしポットや洗濯機、ロッカーが使用可能です。

その他のサービスとして、シュノーケルセットやウェットスーツのレンタルも有料で行っています。自然豊かな阿嘉島のビーチでゆっくり過ごしてみたい方におすすめのホテルです。

◎ 最後に:沖縄観光はレンタカーがあると便利

沖縄には「ゆいレール」と呼ばれるモノレール以外の電車がなく、交通手段が限られます。観光スポットを見て回るならレンタカーの利用が便利です。本島に限らず周辺の各島でも同じなので、沖縄旅行の際は事前にレンタカーを手配しておくといいでしょう。車なら島の内陸の奥まった地域にある宿や、岬の先端にあるような隠れ家的なホテルまで自由に行けるので、選べるホテルの幅がグッと広がります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の那覇行き格安航空券

那覇でおすすめの記事

那覇のアクセスランキング