マレーシアの人気スポット「国立モスク(マスジッド・ネガラ)」の巡り方

画像出典:Vladimir Zhoga/Shutterstock

マレーシアの人気スポット「国立モスク(マスジッド・ネガラ)」の巡り方

目次

マレーシアの人気スポット「国立モスク(マスジッド・ネガラ)」の巡り方

目次を閉じる

4.4人の政治家が眠るお墓

出典: ☆ムヒカ☆ / PIXTA(ピクスタ)

国立モスクには、かつてマレーシアの指導者的立場にあった4人の政治家「イスマイル・アブドゥル・ラーマン」「アブドゥル・ラザク」「フセイン・オン」「ガファール・ババ」の眠る霊廟があります。ここでは4人がどのような人物であったのかを簡単に触れていきます。

イスマイル・アブドゥル・ラーマンは、日本人が多く住む「タマン・トゥン・ドクター・イスマイル(Taman Tun Dr. Ismail)」の街の名前の由来となった人物。中華系移民の血を引き、初代国連兼米国大使や外務大臣の役を経て、1970年に副首相に就任しました。

アブドゥル・ラザクは、1970年にマレーシアの首相となった人物です。民族間の経済的格差および貧困の撲滅を目標に掲げ精力的に活動をし、死後は「マレーシア発展の父」と呼ばれています。

フセイン・オンは、アブドゥル・ラザクの死後1976年にマレーシアの第三代首相に就任しました。ラザクと同じく、民族間の経済的格差を修正する政策を展開した人物として知られています。

国家農村開発相であったガファール・ババは、1986年に副首相にも就任し二つの役を兼任した当時のマレーシアの重要人物です。4人のお墓は特徴的な星型のドームを持つ霊廟にあり、観光客も見学することが可能となっています。

5.イスラム教徒以外の入場

出典: skipinof / PIXTA(ピクスタ)

国立モスクはイスラム教徒が祈りを捧げる宗教施設です。観光客の見学には寛容ですが、礼拝時間はイスラム教徒以外の立ち入りが禁じられているので注意しましょう。観光の際は、下記の入場可能時間をご参考にプランを組んでくださいね。

月曜日~木曜日 9:00~12:00/15:00~16:00/17:30~18:30
金曜日 15:00~16:00/17:30~18:30

6.アクセス方法

出典: bit.ly

KTMスレンバン線/ポート・クラン線「クアラルンプール(Kuala Lumpur)駅」から徒歩5分

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

クアラトレンガヌでおすすめの記事

クアラトレンガヌのアクセスランキング